小学生の頃の話。

学校から帰宅してテレビ観てたら、祖母から電話がかかってきた。
内容は、隣家に住んでる祖母の叔母(おんば)がいなくなったから、捜すの手伝えとのこと。(親戚一同呼ばれた)
それから両親が急いで捜しに行った。残念ながら自分は留守番。
おんばは鶏飼ってて、卵売り歩いたり、山菜採りに山に入ったりする人だった。 
ただちょっとボケてたから、どっかで迷ってんのかなと思ってた。 

夜8時頃、心配になって母に電話。 
『まだ見つからない。9時になったら警察に連絡入れようと思う』 
秋口だったから凍死の心配はないが、もし事件に巻き込まれてたら…と嫌な考えが浮かんだ。 

9:30に母から『おんばが見つかった』と電話が入った。
ホッとして両親の帰宅を待った。 

しばらくして両親が帰宅。
「おんば大丈夫なの?」「警察呼んだの?」「どこにいたの?」と質問責め。 
父は仕事終わってすぐ捜索に駆り出されたため、かなり疲れていたらしくスルーされたが、母が答えてくれた。 
・怪我はないが、一応病院に運んだ。
・警察呼ぼうとした時に、山の斜面に倒れているのを父が発見。倒れていたが、呼びかけたら起きたらしい。
 おんばを一度家に運び、何があったのか聞いた。 
 「山菜採りしてたら、足が滑ってバランス崩して落ちた」

一同、事件じゃなくて良かったと胸をなで下ろし、それぞれ帰宅。 
母も帰宅しようと支度してると、おんばに手招きされた。
具合でも悪くなったのかと思って近づいたら、
小声で「本当は死んじゃうはずだった」と、とんでもない事を言われた。 
バランス崩して落ちたのは本当だけど、本来なら助からない場所。 
「ああ、もうダメだ。死んじゃうと思ったらね、上から長い白い手に腕を掴まれて、助けられたんだよ」
母は幽霊なんか信じてないが、気味悪いと言って話し終わった。 

これだけなら良い話だと思う。助けてくれるなんて優しい幽霊もいたもんだ、と。 

今日、97歳でおんばが亡くなった。死因は老衰。
線香上げて帰ってきて、
母に「あの時は助かって良かったね。白い手だっけ?守護霊かなんかだったのかな……」と、何気なく言ってみた。
「は?あんた何言ってんの?おんばは白い手に、下まで引きずり込まれそうになったんだよ?
 それに、白い手が助けたなんて一言も言ってない」
お互いに食い違い、気まずい雰囲気になったので、すぐ話題を変えた。 

どっちの話が本当なのか、実際体験した本人が亡くなってしまったので、確かめようがない。 
因みに、母はボケや精神疾患はない。
もし、助けたんじゃなかったら、と思うとゾッとする。