私自身は霊感など全くなく、特別怖い思いをしたこともありません。 
これは母から聞いた話です。 
母が父の所に嫁いでまだ間がない、若い頃の話です。 

父の実家はO県のとある海辺にあり、
周囲には農業用地にする目的で、もともと海だったところを埋め立てた土地が広がっていました。
海を埋め立てる前は完全な島で、土地の殆どが山でした。
その山のふもとの僅かな平地に、家が密集して建てられているという所です。 
以前は漁師を営む家が多かったそうですが、
その頃には、漁師を辞めて普通の会社勤めをする家のほうが多かったそうです。 
父もそんな一人でした。

ある日、父が母を連れて従兄(以降Fさんにします)の家に遊びに行った時のことです。 
そのFさんも漁師ではなく普通のサラリーマンをしていて、でもやたらと出張が多いらしく、父とも時々しか会えない状態でした。
母は父の従兄のFさんとは初対面だったそうです。
目的地に着き、まず出迎えてくれたのはFさんの母親でした。 
促されるまま玄関から家に上がると、奥のほうからFさんが出てきたそうです。 
その顔を見て母はギョっとしました。

身体は普通の人間の男性だったんですが、顔が人間というよりは馬のような。 
完全に馬ではなく、ただただ“馬のような”。とにかく、異常な顔立ちに見えたそうです。 
驚いたものの声は出さないようにして、母は周囲に合わせました。 
Fさんも気さくな方だったらしく、会話の楽しい方だったようです。

その会話が仕事のことになり、Fさんが「来週から、また出張なんです」と言った時、
何故か母は「じゃあ、もう二度と此処には帰って来られませんね」と言ってしまったそうです。
本当に勝手に喋らされたみたいでした。
慌てた母にFさんは苦笑しながら、「いいえ、一週間ぐらいしたら戻りますよ」と、普通に返答してくれたそうです。 

出張した先で交通事故に遭い、死んでしまったのです。即死でした。 

お葬式に父と揃って行った時、Fさんの遺影を見て母はまた驚きました。 
そこに写っていたFさんの顔は、穏和そうな普通の男性の顔でした。 
初対面の時に見た馬のような顔ではありません。 
では、自分が見たFさんの顔は一体何だったのだろう…。 
母は葬式にでている間中、怖くて震えていたそうです。 

その後、母と父は、父の実家から離れたところで家を建てて暮らしています。 
この話とは全然関係ない理由です。

父の実家のある所は、台風の季節になるとよく土砂崩れがあり、その度に大勢の方が亡くなったそうです。 
また海辺ということもあり、昔は溺死する人もよく居たそうです。 
Fさんは交通事故で亡くなったそうなので、土地とは関係ないと思うのですが…。 
死ぬ直前に、人間以外の顔に見えるようなことってあるんでしょうか?