中学の頃、ヤラセの心霊写真で小遣い稼いでる奴がいた。まあ俺も片棒かついでたんだけど。
『ヤラセ』と言ったところで、合成なんかのトリックでは一切無い。 
要するに、仕掛け人Aが「ここだ!」と言ったところで写真を撮ると、必ず何か写っているのだ。 
客が持ってきたカメラで、客に撮らせるというのがポイント。 
当時の中学生の小遣い基準を考えると、相当にいい稼ぎになった。 

そいつとは幼なじみ(と言ってもそんなに親しくなかった)だったんだけど、
小さい頃は、高架下や裏路地など妙なところに座り込んで、ボンヤリ遠い目をしてるおかしい奴、という印象しか無かった。
要するに、その頃からずっと『見て』いたんだろう。 
成績も壊滅的に悪かった。掛け算出来ないんだから相当なもんだよ。 

Aが言うには、出てくるそれは殆どの場合霊じゃないそうで、「じゃあ何なのか」と聞いても答えてくれない。 
ただ、それは割とAの自由になると言っていた。霊は自由にならないらしい。 

客と撮影に出ても、『ここ』というポイントが見つからないこともある。 
そんなときに行うのが『ヤラセ』だ。Aがそれをどこからかその場に呼ぶのだ。 
これはAが疲弊するのと、また「あまり良くない」らしかったが、信用には変えられない。 
客層も幅広がってたし、仕事にかけるプライドみたいなものがあったんだよなw 

で、中3成りたてのゴールデンウィーク、夕方。
俺達二人は、客といつものように撮影に繰り出していた。 
場所は廃工場で、接客担当の俺は「死んだ工員の霊が…」とかなんとかテキトーに語っていたんだけど、
Aがヤラセの符丁を送ってきた。
Aは知らない奴と一緒では集中出来ないのと、集中する姿が何と言うかヤバいのでw 
符丁を送ってきた時点で、俺は客と共に少しの間場所を変える決まりになっていた。 

作業場から廃工の入口、受け付けみたいなところへ移り、五分ほど… 
中から絶叫が響いた。Aのものだ。 
客をそこで待たせ駆けつけると、へたりこんで叫び続けるAの眼前に。
なんだろう?真っ黒い、巨大なキノコ雲のようなものがもうもうと立ち上り、広い作業場を埋め尽くしていた。 

スゴすぎるそれに俺もドン引きで、呆然としていたが、 
まさか火事かと思った途端、ほぼ無意識に体が動いて、俺はAと客を連れ慌てて逃げ出した。 

客が俺を追い越して何処かへ走り去る。
それはいいとしても、Aまで途中から俺を抜いていこうとしたため、腕を掴んで一旦止まらせた。 
止まらせても走ろうとする。
俺も興奮していたから、「あれは何か、どうしたのか」と聞くと、「父さんが死んだ」と泣く。

確かにその日の夕方、撮影の前、Aの父は交通事故で亡くなっていた。 
携帯があれば話は早かったろう。 
Aは一週間ばかり学校に来なかったが、登校してきて開口一番俺に言ったことには、
「もうああいう事はやめる。ああいう物を見るのもやめる。現実を見る」

元々仲が良かったわけでもない。
それに、親父が死んだとき、Aは俺みたいな馬鹿と、馬鹿みたいな小遣い稼ぎに興じていたのだ。 
仕方ない事とはいえ、罪悪感は拭いきれないだろう。
俺の方も罪悪感と気まずさがあって、つるむこともなくなった。 
また、Aは「現実を見る」と言ったが、掛け算も出来なかったボンクラが、
それからいきなり成績を上げ、一年足らずで県下一の進学校に進学するまでになった。
今まで現実見てなかったせいで、ボンクラだったとでも言うのだろうか? 

それまでAが見続けていた霊ではないそれの正体が、結局のところよくわからないんだけど、あのキノコ雲は参った。
今でも夢に出る。

今思い返してもよくわからない話でスマソ 
漠然とした後悔があるんだよな。