自分の山仲間の話です。 

神奈川県にある、山奥の山小屋に彼は泊まっていた。 
山小屋には彼の他に2人の男性。夏にしては異様に少ない。
風と木々のざわめきしか聞こえない山小屋で、この3人の男性達は夜遅くまでランタンに灯を灯し、
高山植物の話や、今まで登った山について語り合っていた。 

夜中の1時ぐらいまでたっただろうか? 
一人が「外から声がしないか?」と突然言った。 
二人は言葉を止め耳を傾けた。


「ううっ助けて・・・助けてくれ・・・」 
外から声が聞こえる。
こんな夜中に何故?と思いつつも、彼等は外へと飛び出した。
そこには、初老の男性が胸を掴み、のた打ち回っていた。
彼はとにかく駆け寄り「大丈夫か?」と声をかける。 
他の二人の一人が所持していた携帯の無線機でSOSを送ろうとした。 
だが何故か繋がらない。
しょうがなく簡易救急箱を持ってくる。
初老の男性は苦しみ続けている。 
そして動かなくなった。
彼はとりあえず脈を計ろうと腕に触れた。 
だが触ったとたん、すぐに手を引っ込めてしまった。
何故なら、暖かくもなく冷たくもない。
まるで物質のようなものに触れた様だったからだ。

突然、その初老の男の手がのびた。
さっき引っ込めた手を強く握る様に、その男は苦しみの顔と言葉を放った。
「俺は苦しかったんだ。苦しくって、ここまできたんだ。
 けれど、誰も居なかった。
 小屋の前まで来たのに、誰も居なかったんだ・・・・」 
その初老の男の目からは涙が流れていた。 
しばらく手を離さずに、男は呆然としている3人の登山者達を見回した。
そして溶けるかのように地面に沈んでいった。 

3人はしばらく無言で立ち尽くしていた。
そのうち一人が「もう遅いから寝よう・・・・」と言って、
3人は小屋へ入り、何も言わず眠りについた・・・・ 


その日の朝。
山小屋を出た3人は、夜中に起きた山小屋の前に行き、
あの初老の男がこの地から帰れるように・・・と祈り、帰路についた。