うちの祖母は大正生まれ。 
昔は不思議な事がよくあった、という。 
祖母が子供の頃、実家の隣家は、ただの鍛冶屋にしては妙に羽振りがよく、何かと因業な性格の一家だったので、
悪い事して儲けてると噂があったらしい。田舎特有のねたみもあったんだろうが。 
その家には祖母より4歳年長の末娘がいて、よく遊んでもらっていたが、ある時から全然姿を見せなくなった。

色の白いきれいな子だったので、女郎に売ったとかいろいろ噂になったんだが、ほんとの事はわからなかった。 
ある日祖母が隣家との境で遊んでると、鍛冶場の二階の窓から隣家の末娘が覗いている。
あ、なんだやっぱり家に居たんだなと声をかけた。


すると、娘は顔を突き出したんだが、なんだか変だ。 
首が不自然に細く長い。 
窓の狭い隙間からひゅるっと首をのばして、目をきょろきょろさせて。 
嫌な感じがして、祖母は慌てて家に入った。 

後でわかったが、末娘は親戚に預けられていたが、預けられた次の日に首をくくって死んだ。心の病気だったらしい。 
その一家は今でも隣に住んでいるが、先日電話した時、母がいうにはおじさん(娘の甥にあたる)が入院中との事。
見舞いに行ったところ、帰りしなに、
病院の窓から首を突き出し目をきょろきょろさせてこちらを見ていて、気味が悪かったと言った。 
なんだか良く分からないけど、ゾッとした。