友達の怖い話。

仮にK君としよう。彼は沖縄出身で、若い頃はけっこうヤンチャなやつ。
ホントにおばけなんかいるのか?じゃあ、ためしてみようなんて。 
たとえば夜中の防空壕。
沖縄には今でも白骨化した死体とかけっこう残ってて、
夜中にオバケが写そうと、友人にカメラ向けてピースで写真を撮ったり、
夜中2時くらいに海で泳いで、友人にカメラもたせて写せとか。(結局何もなかったと言ってた)
そんな肝っ玉優れたやつ。 


で、ある日、悪友達連れて、車3台で夜中ドライブに行ったんだって。 
立ち入り禁止の波止場に入っていって、夏だから花火とかして酒飲みながら遊んでた。
鞍馬のヘッドライトの先、海の中10メートルくらい先に5~6人いて、その1人が「誰か溺れてる!」って叫んだ!
見れば、子供が1人あっぷあっぷしてる。 
「えーどこ見えないよー」
「いるだろあそこ」 
そのうちの一人が、誰か呼んでくるって近くの民家に走っていった。 
「早く助けないと!」
「どこ?どこにいるの?」

そんなやりとりをしてるうちに、むこうからオジサンと、助けを呼びに行ったやつが走ってくる。 
「お前たちここは立ち入り禁止だろ!!」
そのオジサンは漁師で、今にも救出しようとして服むいでるやつにむかって「やめろ!!」と叫んでる。 
「いや、でも子供が・・・」
漁師のおっさんはなんか必死に止めようとしてる。 
??? 

その状況はというと、子供が溺れてる。6人中3人は見える。他のやつには見えない。 
漁師「見えるのか?」
「だっているだろ。早く助けなきゃ!!」
目の前10メートル先くらいに確かにいる。 
「どこ?いないよ?見えない」
漁師「じゃあ見える奴。アイツの顔見てみろ。あの子供、助けを求めてるように見えるか?」 
よ~く見ると、「ううん・・・笑ってる」。
漁師「いるんだよ・・・お前たちみたいな奴らが助けに飛び込んで、引き込まれるんだ。
 そして、そんな状況で水死体があがるんだよ・・・
 だからいつもここは、関係者以外立ち入り禁止にしてるんだ」