私は初等教育学科で勉強していて、この科は文字通り小学校教諭を目指す人たちが専攻しています。 
授業の中には『学校給食』やら『体育』やらといったモノもあって、私は体育が苦手でした。
中でも鉄棒の授業はお手上げ状態で、
毎日放課後になると、同様に鉄棒を苦手とする友達と連れ立って、鉄棒の練習に励んでいたのです。 
練習していた場所は地下にある体育室で、練習する時間といえば夜の七時すぎから八時すぎの一時間ほど。 
(短大だったので、短い期間で取得単位が多かったので、一日の授業の数は高校並でした) 

いつものように鉄棒の設置をして練習・・・
この日もあまり成果の得られぬまま練習を終え、更衣室に入って着替え始めたのですが・・・ 
(ちなみに、私と友達2人の計3人)
おしゃべりしながら着替えをしていると、がちゃがちゃ・・・・という音と共にドアノブが動き始めたのです。 
少し驚いて私達は小さな悲鳴をあげましたが、誰かのイタズラなんじゃないかと思いなおし、
ドアの外側に向かって声をかけてみました。 
「誰かいるの?どうしたの?」 
ドアノブの音は収まったものの、反応はありませんでした。 

元来、気の強い私が、もう一度声をかけてみました。 
「誰っ!私達をからかってるんでしょ!!??」 
やはり反応はありません。 
私達3人はかなり怖くなってきました。 
すでに着替えは終わっていたので、早々に立ち去ろうとカバンを肩にかけてドアに近寄ろうとすると、 
がちゃがちゃがちゃ・・・ 
しかも、最初は音も小さく回転もゆっくりだったのが、段々と音も回転も激しさを増してきて、
ドアノブが壊れるんじゃないか!?という勢いでした。 
あまりの怖さに悲鳴も出ません。 

どのくらいの間その状態が続いたのかは覚えてないのですが、
ドアノブの音と回転が収まった時に友達の一人が、
「きっと幽霊だ!怖いよ怖いよっっ!!」と言って泣き出したので、
「大丈夫!大丈夫!」と背中を叩きながら、よせばいいのに、私がバカな事を言ってしまったのです。 


「原因がわからないから怖いんだよ!原因を確かめよう!」 
私がドアノブの外側。残りは更衣室の中に残って、様子を見てみよう・・・と。 
怖かったのですが、恐怖感が原因追及することで収まるような、妙な感覚が私に沸いてしまったんでしょうか? 
とにかくそういう事にして、私はドアの外側に立ちました。 

わずかな時間ですが、何故がちゃがちゃと動くのか確かめてやろうと、私はドアノブを凝視して(睨んで)いました。 
ふいに更衣室から「いやぁぁぁっっ!!!!」と友達の叫び声が。
びっくりして更衣室の中に入ると、2人の友達は半泣き状態でした。 
私が見ていた外側のドアノブに異変はありませんでした。 
しかし更衣室側のドアノブは、再びあの現象を起こしていたのだというのです。 
がちゃがちゃがちゃがちゃ・・・・・・・ 

もう原因追求どころの話ではありません。 
3人固まるようにして更衣室を飛び出ると、体育教官室まで走って逃げていきました。 
助手の先生にワケを話しましたが、笑い話にされてしまって終わり。 
それ以降、放課後の鉄棒の練習は怖くて出来ませんでした。 

未だに原因はわからず終い。 
もうあんな体験はうんざりです。