高校生の男の子なんだが、ある時突然、視界を妙なものが横切るのを見た。 
それ以来、時折、黒い影や光のようなものを見ることが多くなった。 
家族に訴えたが、だれも相手にしてくれない。
それどころか、母親などは叱りつけたらしい。 
というのも、この男の子は日頃からオカルトっぽいものが大好きで、心霊番組なんかもマメにチェックしていたらしい。
だから母親は、
「あんな下らないものばっか見てるから、変なこと考えるようになるのよ!」って怒ったわけだ。 

そのうち彼は、変な頭痛や体のだるさを感じるようになった。 
母親はますます怒った。
「馬鹿なことばっか言って、グズグズ怠けようとして。もっとちゃんとしなさい!」 
そんで、彼のコレクションをムリヤリ棄てて、毎日たたき出すようにして学校に送りだした。 

ところが、その後しばらくして、男の子は学校で倒れて病院に運ばれた。
診察の結果、脳腫瘍が発見されたそうだ。 
医者に、
「息子さんは、変調を訴えてはいなかったのですか?なぜもっと早く、病院に連れてこなかったのですか?」
と言われた母親は、号泣していたそうだが。 

日頃からオカルトな言動をしていた息子が悪いのか。 
子供の話をちゃんと聞かなかった母親が悪いのか・・・