小学校5年生の夏休みが明けた9月1日。 
始業式も終わり、久しぶりの友達との再会に、自分はどこへ行った、何を見たなど、話に花を咲かせていると、
真っ黒に日焼けした担任の先生が教室に入ってきた。
「おーっ!おまえらみんな真っ黒だなぁー!海にでも行ったのか?」 
「うん。先生も黒いけど海に行ったの?」 
「先生は、○山に行って来たんだ。だから、シャツの下は真っ白だけどな。 
 この夏は、いろいろあって大変だったんだ」
「えっ?先生、なに、なに」 
「あ…いや、また今度な…」 
そう言って、先生は出席を取り始めた。 


それからしばらくの間、妙な事が続いた。 
クラスの生徒に怪我人が続出したのだ。 
その数、2週間で実に18名。 
それも、全員右半身のどこかを骨折しているのだ。 

この異常事態には、小学生といえども『何かあるのではないか』と噂がはしり、
当然、学級会ではこの話が議題にあがった。 
「みんな、最近怪我が多いけれども、夏休み明けでたるんでいるんじゃないか?」 
「先生!みんなは、呪いを誰かがかけたんじゃないかって言っています」
「そんな馬鹿なことを言うんじゃない」 
「だって、みんな右手、右足を怪我しているんですよ」 
「呪いや祟りなんて……そんな…」 
こう言うと、先生は眼を閉じて黙りこくった。 


「………あっ!」
そう言うと、突然先生は立ち上がり、 
「心当たりがあるから、任せなさい」と言い、学級会はそこで終わった。 

その週、先生は学校を休んだ。 

翌週、私たち生徒が教室に入ると、黒板の上には一枚のお札が貼ってあった。 
それは、先生が夏休みに行った○山にある、○山神社のお札だった。 
そして、「これで大丈夫!もう怪我はしないから安心だぞー」と一言いうと、それ以上はこの件について何も話さなかった。

結果、それ以降、骨折や怪我をする生徒は、ぴたりといなくなった。 

その後、卒業してからこの話を再度先生に尋ねたが、
「いや、ちょっと、山で心当たりがあってな……」と言って言葉を濁し、答えてはくれなかった。 

20年以上後の同窓会で知ったことだが、先生が登った山で、前日に滑落事故があった。 
そして翌日、手足が激しく損傷した遺体を、偶然通りがかった先生が発見した。 
しかし、そのまま遺体を連れて下山することは出来ない。
仕方なく先生は遺体をそのままして、下山後に警察に連絡したという…