中学2年生の時の下校中、人通りの少ない道で、100mくらい先に人が二人立っているのが見えた。 
自分の母親と同じくらいの歳のおばさんと、これまた自分と同じくらいの歳の私服を着た女の子。 
だいぶ近付いた時に、ずっと俺をジロジロ見てる事が判り、ちょっと気持ち悪いなと思った。 
そのまま通り過ぎようとすると、おばさんの方が話しかけてきた。 
「あなた○○中学?」
「 はあ・・・」
「2年2組の伊藤さんって子、知ってる?」
伊藤という子は隣のクラスの女生徒で、本当は顔も名前も知っていたが、
殆ど喋った事も無いような子だったので、知らない振りをした。
「知らないですけど・・・」
「あら、そう・・・」
話は終わりかと思ったが、おばさんと女の子は道を塞ぐようにして立っている。 
おばさんがカバンからゴソゴソと本を取り出した。 
そして話は、「人類の幸福」やら「血の浄化」やら「祈らせて欲しい」やら、宗教的な話にシフトしていった。 

物凄く面倒臭くなってきたので、「ああ、僕そーゆーのはいいんで」と二人の間を割ってそのまま帰ろうとしたら、
おばさんが強い力でオレの手首を掴んできた。 


「まあそう言わずに」 
おばさんが逃がすまいと手首を掴み、女の子の方が勝手に俺の額に手をかざしてくる。 
予想だにしなかった行動を取られて少し唖然としてしまうが、祈られたら負けだと思い、
「こういう事を強要しちゃダメでしょ。というか僕本当に急いでるんで」と手を振りほどこうとするが、おばさんは手を離さない。
目がマジで、ほんのりゾッとする。
「全然時間は取らないから、ね。それにあなた達の血はね、とても汚れているの」
初対面のおばはんに何でそんな事言われなきゃいけないんだ、とイラついてくる。 
「いいって言ってんだろ!!」と思い切り手を振って、おばさんの手を振りほどいた。 
おばさんはその反動で1mほどよろめいて、その場に尻餅を付く。 
(俺にはわざと自分から転んだようにしか見えなかったが) 
そしておばさんと女の子は、「暴力を振るわれた」とでも言いたげな表情で見つめてくるが、
すぐに笑顔になり、立ち上がりながら謝ってきた。 
「ごめんなさいね、ホントごめんなさい」 
「いや、すいません。でも急いで帰らないといけないんで」 
そのまま二人に背を向けて家路に付こうとすると、10mほど行った所で、 
「気が変わったら、いつでもここへ来て。待ってるわ」
と大きな声でおばさんが言うので振り返ると、二人は満面の笑みで手を振っていた。 
ここへ来て、待ってるわ・・・って、通学路だしこの道は天下の公道じゃ!
と思ったものも、無視してそのまま帰った。 

まあそれ以降、俺はその二人に会うことは無かったが、他の生徒も祈りを強要されたとか、 
1ヶ月くらい学校の間で話題に上がっていた。
そして後から知ったことだが、2年2組の伊藤さん(仮名だけど)は、その後すぐに転校していた。 
その転校とあの二人に、何か関連性があったのかは分からない。