今から10年位前の話。オレは学生だった。 

アルバイト先の居酒屋で知り合った二つ上の女。Yとしとこうか。 
今はお前らと同じクズだけど、当時は普通の学生だった。
Yとは何となく気があって付き合い始めた。 
オレは地方から出てきてアパートに独り暮らしだったから、バイトが終わったら、週に1~2回くらいウチに遊びに来ていた。 
ウチでは一緒に酒を飲んだりしながら、取り留めのない話をよくしていたな。 
Yも地方から出てきて、妹と一緒に住んでいると言っていた。 

当時は普通の学生と言ったが、やっぱり当時もクズだったよ。 
Yが妊娠した。もちろん生めるわけないさ。2人で相談して堕ろしたよ。 
それから何となくぎくしゃくしちゃって、Yとは別れてしまった。 
結局付き合った期間は、9ヶ月くらいだったかな。 
Yはこのバイトが生活の基盤になっていたから、辞めるわけにはいかない。 
結局オレが辞めた。クズなりに罪悪感もあって、部屋も引っ越したし携帯も変えた。 
Yに関するものは全て消して、やり直すことにしたわけ。 
やっぱりYのことは好きだったしな。


895 :894 :2010/05/04(火) 10:26:28 ID:LqXpykQt0
それから5~6年経ってから突然、新しいアパートに女がやってきた。 
どこからどうやって調べたのか分からないが、その女はYの妹と名乗った。 
オレにしてみれば、これ以上気味が悪いことはない。 
アルバイト先の同僚達とは完全に縁を切っていたから、オレの新しい住所が分かる筈がないんだ。 
Yの妹は、Yが死んだと言った。 
病気か事故か自殺か分からない。オレは聞こうともしなかったし、Yの妹も言わなかった。
もちろん、死んだのはオレのせいなんて言わなかった。
当たり前だ。一応お互い納得して別れてるんだし、それに別れて何年経ってると言うんだ。 
Yの妹は「お願いだから一度墓参りに行って欲しい」と言い、オレに墓園の住所のメモを渡した。 
その場は分かったと言ったが、行くわけないよな。 
Yの妹には「墓参りには必ず行く。ただYのことは正直思い出となっていた。勘弁して欲しい」と、
暗にもうオレのところには来ないで欲しいとお願いした。 
もうオレにとっては過去のことだったし、それに仕事だってある。 
Yの妹には悪いが、正直気持ち悪かったからメモもすぐに捨てた。 
確かにYを好きだった時もあったが、その時はもう別の彼女もいたしな。 
念のためオレはまた引っ越したよ。万が一また来られたらイヤだからな。


896 :894 :2010/05/04(火) 10:28:58 ID:LqXpykQt0
その時付き合っていた彼女をAとさせてもらうが、Aは会社の同僚だった。Aは事務職でオレは営業。
オレは帰りが午後10時過ぎになるのは当たり前だった。 
会社が休みの前には、Aは時々メシを作りにウチに来て、泊まっていっていた。 

Yの妹が現れてから1年経ったか経たないかといった辺りの夏。 
フラフラになって帰ったら、Aがメシを用意して待っていた。 
風呂から上がって、テーブルでビールを飲みながらAを見たら、何かAがおかしいんだ。 
Aがダブって見えるんだよ。
オレは近視で眼鏡を掛けており、風呂上がりで眼鏡を外していたのと、疲れ目でダブって見えたのだと思った。 
でも何か違うんだ。Aとほとんど同じサイズの人間が、20~30㎝くらい近づいたり離れたりしてるんだ。 
ピンぼけ写真を見ている感じなんだよ。
あれれ?と思って眼鏡を掛けても見えるんだ。 
Aはその手の話がまるでダメなので、オマエに被さって女が見える、なんてとても言えない。
どうしてじっと見てるの、何か顔に付いてる?って顔をしてる。 
しかも、ダブっているのはAじゃない。全く知らない女の顔なんだ。
その時は電気が点いて明かりが煌々としてるから、怖くも何ともなかった。とにかく不思議だっただけ。 
午後10時まで仕事なんてブラック会社に比べれば大したことないだろう、と言われりゃそれまでだが、
オレにしてみたら、仕事のしすぎで幻覚が現れたと思ったよ。 
多分、それが見えたのは30秒間くらいだったと思う。 
じっとAを見ていた筈なのに、そのダブった女はいつの間にか消えていた。


本格的にそれが出てきたのは、更に半年くらい経ってからだった。 
泊まりに来ていたAとベッドで寝ていた時、深夜2時頃だったと思うが、正確な時間は分からない。酔ってもいたしな。
Aが突然オレを起こした。 
何だと思ってAを見たら、Aの頭が変なんだ。 
右側(オレから見たら左側)が大きいんだよ。
!?と思ってよくよく見たら、ゆっくりAの頭の右から又あの女が出てきたんだ。オレの目の前30㎝くらいにだ。
そして、その女はにやにやしながらオレを見た後、どうしたと思う?
ゆっくりAの頭を喰いだしたんだ。喰ってたとしかオレには見えなかった。 
もちろん実際に喰ってた訳じゃないから、Aの頭が食いちぎられてはいないんだけど、
目だけオレを見据えてAの頭を喰いながら、Aの頭に重なって沈んでいくんだ。 
うまく説明できないが想像してくれ。
女の頭だけ、Aの頭に潜ったり出たりしているんだ。 
女がAを喰う度に、Aが苦しそうに目を瞑るんだ。 
「なんかすごく頭が痛い」とAが言うのだが、オレは金縛り状態になっていた。 
女は最後にもの凄い笑顔をして、舌を出しながらAの中に入って消えた。 
この時に、この女がYの妹だと分かった、と言うか頭の中で理解した。 
1回しか会っていないし、まともに顔を見ていないから、
(と言うか、オレを訪ねてきた時には、まともにはYの妹の顔を正視できなかったから)
初めて出てきたときには分からなかったんだ。 
友人の一家はそろってオカルト好きで、家族でコックリさんをしたりするそうだ。 
その友人が言うには、コックリさんというのはそういう名の何かがいるのではなく、 
一番手近の霊が呼び出されて、答えてくれる仕組みなんだとか。
そんないい加減なことで質問に答えられるものなのか、と思ったが、
案の定、答えられない場合もあるとのこと。
以下、その例として友人が語ってくれた話。 

ある冬の日。
夕飯前に一家全員でコックリさんをしたのだが、
何を尋ねても『しらない』『わからない』、脈絡なく『おかあさん』の繰り返しで要領を得ない。 
試しに名前と歳を尋ねてみると、4歳の女の子であることが判明。(名前は忘れてしまった。ごめん) 
それ以外のことは何も判らず、とりあえずお帰り頂いたそうな。
ただ、すぐに帰ってくれたわけではなく、
小さい子がぐずるように『おかあさんどこ』『いっしょに』などの言葉を何度か示したという。 

その翌日の新聞に、小さくではあるが、
前日のコックリさんと同名の4歳女児が、交通事故で亡くなったという記事が出た。
友人宅からさほど遠くない交差点での事故で。
「そういえば、救急車だかパトカーだかの音が少し聞こえていたかも」とのこと。 

偶然かもしれないし、コックリさん自体信憑性がどうなのかわからないが、友人の話を信じるとして、
『いっしょに』はお母さんに対してだったのか、道連れ的な意味だったのか…とちょっと考えてしまった。