知り合いの米屋から聞いた話。 

ある日の昼に、電話で常連さんから米の配達依頼があったので、夕方頃に行く事になったらしい。
その日は朝は暇だったのだが、夕方は立て込んでいて結構忙しかった。 
何件か回ってその常連の家に行ったが、インターフォンを押してもドアを叩いても誰も出ない。 
再度行けば良いかと思い、他の客の配達へ向かったらしい。 

そして最後の配達を終えて、そこの家に向かいドアをノックしても、やはり誰も出ない。 
おかしいなぁと思っていたが、ドアが開いていたので、
偶に留守宅でやるように、玄関に置いて帰ろうとしたらしい。 
しかし、そこで待っていたのは、刺された状態で玄関にしゃがみ込んで死んでいた、その常連さんだったらしい。
急いで警察に連絡して色々調書を取られたらしいが、第一発見者だからかかなり疑われたらしい。 


それから数日間は、米屋を奥さん一人でまわす始末。 
そのぐらい知り合いは、警察に任意の聴取を付き合わされたらしい。 
なぜそれだけ疑われたのか。 
それは、常連さんの死亡時間と電話があった時間の食い違いと、
回覧板を回しに来た隣人が、「夕方に向かったら鍵が閉まってた」との証言をしたからだった。 

それから数日後、犯人が捕まった。
犯人は隣人だった。その隣人の証言は嘘だったらしい。 

ただ不可解なのは、配達依頼の電話。これだけはどうしても理解できないと言ってた。 
冤罪に巻き込まれるのも怖いけど、こういう電話も意味不明なだけに怖かった。