M君とは小学1年生からの親友で、M君は頭は良いけど、身体的に他の同級生より劣っていました。
M君には糞尿のネタがたえず、
例えば、みかん畑で野糞をしみかんの葉っぱで拭いたとか、
授業中いきなり先生に「おしっこ」と言って尿をもらしたりとか。
そして、学校中の笑い者になっていました。歌なんかも出来たりして(笑) 

悪友のI君は、母子家庭で根性が曲がっていました。
M君の家で爆竹に導火線を長くし火をつけ、M君の部屋に急いで私と一緒に戻り、爆竹がバンとなります。 
そしたら、1年下のT君双子(これも相当な悪)が近くのマンションに住んでいましたので、
「T達のイタズラダ!」と言って部屋から出て、また爆竹に火をつけ、
M君に「T達をとっちめてやったぞ!」というような事を何度も繰り返し、
家の壁に導火線の焼き焦げが付いていたので、またI君と私は大笑い。


他にも、ベッドの隙間にかんしゃくだまを仕掛け、I君はそのベッドの上で飛び跳ねる。
するとパンと言う物凄い音がして、またまた心の中で大笑い。
M君はファミコンに夢中で気づかない様子。

M君の家が所有する土地の樹木に、黄色と黒の線のある毒毛虫がいました。
I君は刺されてしまい、相当痛かったと言っていました。
なぜかそれをM君のせいにし、その毒毛虫を葉っぱでくるみ、ドアのノブの上に置きました。 
M君は台所から帰っていき、ドアのノブを握ったそのとたん「いたーい」とM君はしゃがみ込み、うめいていました。
私は何のことかわからず「どうしたM」と聞くが、あまりの痛さに何もM君は話せませんでした。 
I君にその事を話すと大笑いし、「僕がやったんだよ!」と言っていました。 

時には、カマキリの卵を部屋の本箱に入れ、カマキリを大繁殖させた事もあります。 
また、少しケバケバシイクモを部屋に入れ、M君の背中に乗せ、「タランチュラだ!」とI君と私は演技で叫びました。
M君は物凄く驚いて、紙で必死に退けようとします。
I君と私は刺されたら死ぬぞと脅かすと、M君は死に者狂いで「どけてどけて」と言います。
I君は、刺されたら死んでしまうから「僕はどけられない」と言います。
M君は半泣き状態だったので、I君と私は家に帰りました。 
次の日、I君と私は沢山のクモを捕獲し、M君がファミコンに夢中になっている時、
クモを一斉にM君の部屋にばら撒きました。
しかし、Iの想像していた事とは逆に、クモはM君の部屋の家具やベッドの隙間に隠れてしまいました。 
I君は「チクショウ」と私に言って、大笑いしました。私も大笑いです。 

どうやらI君は、金持ちのM君を心の中で恨みに思っていたらしく、友達のふりをし実は恨みを晴らしていたらしいです。 
I君は前にも書きましたが母子家庭、金銭的にも父親がいないので、
M君の裕福な生活(例えば自分だけの部屋がある、物をねだれば何でも買ってもらえる、両親に溺愛されている)など、
I君の生活とは正反対で、なおかつ成長が遅れていると言う事から、M君はI君の餌食にされていたみたいです。 
そしてH君という同級生がM君の家の金を盗んだが、M君側の親はI君が盗んだと疑い、
両母の間で刑事問題になる寸前までいったらしいです。 
かなり長い前おきはここまで。 


中学3年の時、当時ガス銃を使ったサバゲーが流行し、私達も頻繁に銃で何でも撃ちまくり、
M君の家の立体的な日本地図(幼い私が見ても立派)に、BB弾で穴を開けてしまいました。
と言っても、M君の部屋自体で連打していました。 

高校入試もすみ、皆進路が決まったので、心はうきうきでした。 
そして本格的にサバゲーをやろうと言う事になり、小学校の裏山R山でする事になりました。
メンバーは、M君I君H君Y君S君と私でした。 
山の中に入り2班に分かれ、1班H君とY君、2班残ったメンバーで、それぞれ基地を造り、
私達2班は、山道の途中の小高い丘に基地を造りました。

敵の弾よけの為、その辺の腐葉土や枯葉、枝で壁を造り、皆銃を持ち臨戦態勢につきました。
H君とY君はなれていたので、20分ばかり経った時、私達の基地は発見されました。
H君とY君の銃は、私達の銃とは比べ物にならないくらい性能が良く、
BB弾が身体にあたったら猛烈な痛みを伴うので、私達が銃撃しても彼らはびくともしません。 


そして、彼らが丘を登り始めました。 
弾があたった時を私達は想像し、無我夢中で基地の壁やそのあたりの物を彼らに投げつけました。
でも彼らは必死に登って来ました。 
とうとう彼らは丘の上まで登り、彼らはそうとう激怒していました。 
普通なら私達は捕虜になりゲームオーバーなのですが、H君とY君は怒りのほこさきをM君に向けて、
至近距離からM君にBB弾を連打しました。 
何時ものM君だったら大泣きをして終わりですが、この時は違った。 
M君は凄い形相をして、今まで基地の周辺には無かったはずの太い枝(柱のような)物を手に持っており、
H君とY君をめがけて叩きつけたり、ぶんぶんと振り回しH君とY君の身体を柱で叩いた。
私達は味方なので「その辺で止めときな」とM君に言うと、今度は私達のほうにその柱を振りかざしてきた。
私達は4人がかりでM君をやっとの事で押さえつけた。 


しばらくして、M君は無表情になり元に戻った。 
M君の持っていた柱は、中学生の私達でも持ち上げる事がやっと出来る重さで、
成長の遅いM君にはとても持ち上げる事さえ無理な物でした。 

その後H君とY君は、青ざめて言いました。 
M君の後ろに、着物を着た男性がいたと言うのです。 

H君とY君は、打撲程度ですみました。 

後に聞かされたのですが、昔R山はもっと広く宅地造成の為切り開かれ、小学校もできたらしいです。 
そしてR山は江戸時代の山陽道があり、海側は断崖絶壁で、山の中に道を通したと言う事でした。 
かつては山陽道の難所とされており、山賊が出現した所でもありました。 
幕末近くに海に沈んでいた土地が自然に隆起し、R山の山道は使われなくなりました。 
当時のなごりとして、山道の入り口にお地蔵さんがあります。
しかし現在、その場所からR山に入る人は少なく、(一番入りやすいのですが、何故か空気が重いのです) 
小学校側から山に入ります。
M君は、山賊か山賊に殺された霊に取り憑かれたのだと思いました。