うちの親父は水道技術者なので特に夏場は忙しく、どこにも連れてって貰えないので、
親戚の家に10日位泊るのが小学生の頃の夏休みの恒例だった。

ある時、叔父さんに卵、キュウリ、トマトを親しくしている家に届けるのを頼まれ、
「留守だったら小縁に置いて来ればいいから」と言う事で出かけた。
叔父さん家と親しいとはいえ俺はよく知らない家なので、粘らず留守と判断して置いて帰ろうとした時、
婆さんがでっけぇ鎌振り上げながら「お前家に何の恨み在るんだ・・・」と激怒しながら突進してきた。
結局~の甥っ子ですと言うことで小遣いまで貰ったが、唯一覚えていたのが『さんりんぼう』(カレンダーで見たことある)。
家に帰り母親にこの話したら、「さんりんぼうと間違われたんだよ」と笑っていた。家の辺でも存在していた。
『さんりんぼう』とは、『さんりんぼう』の日にナマモノで儀式をして、
そのナマモノを標的の家の敷地に置いて、見つからずに腐るとその家が廃れると言う、マイナー伝統呪術だった。
(見つかり易そうな所ほど効果大らしい)
その後「あの家はさんりんぼう筋と言われてるんだよ」とか、
留守に置いてきた時は、一応電話で「さんりんぼうじゃ無いよ」と電話を入れる事を話してくれた。

田舎は犯罪少なくて最高とか思っていたが、
こんな薄気味悪いものがひっそり残ってる事と、鎌でやられてたかも知れない事に恐怖を覚えた。