私は四国の田舎の村出身ですので、幼小中と同じ地区の子供が集まり、ほとんど面子が変わることはありません。 
これは20年近く前、私が中学生だった頃聞いた話で、事件の1年後くらいに本人に確認を取っています。 

私の2つ下にAという男の子がいた。Aは取り立てて変わったところも無い、普通の男の子だった。 
ある8月(夏休み)の夕方、夕食までの間Aは家で昼寝のような感じで眠っていた。 
そのうちAはおもむろに目が覚め、帽子を被って懐中電灯を片手に庭先へ出た。 
この時のAの意識は半分寝ぼけた状態で、何故目が覚めたかは判らないとのことだ。 
Aが庭先に出て行ったことに家族の一人が気づいたが、ちょっと出ただけだろうと気にも止めなかった。
家族の人の証言では、時刻は7:00頃とのことらしい。 

Aが庭先に出ると、6人の『人』がそこに立っていた。 
性別・年齢・容姿など一切Aは覚えていないのだが、6人の『人』だと思ったそうだ。 
6人はAを認めると、山の方へ(Aの家自体が山の斜面に建っていた)歩き始めた。 
Aは寝ぼけた状態にもかかわらず、また、見もしらずの人のはずなのに何の恐怖も感じず、
むしろ、ああついていかないといけないんだなと思い、吸い込まれるように彼らについていった。 

裏の山といっても結構標高はある。
6人はAを囲むようにして歩いていった。 
いつの間にか周囲は真っ暗だ。 
そしてAを囲む6人も、もはや人ではなく、周りにつきまとう気配のようなものになっていた。 
Aは、意識の上ではもはや『人』でないことを完全に理解していたが、別段恐怖心を感じる事も無く歩を進めていく。
まだ寝ぼけた状態が続いていたのだ。
周りの『気配』は、なにやらずっとヒソヒソ、ボソボソとしゃべっていたのだが、その内容までは聞き取れず、
そのまま歩き続けていた。

そのうち、コン、と懐中電灯に虫が当たった。光につれられた虫のようだ。 
その刹那、周りにいた6人は一瞬にして消え去り、声も聞こえなくなった。 
ここでAはハッと正気に戻った。
周りを見渡すと、来た事も無い山奥の道をただ一人でいる。 
光といえば、自分の懐中電灯の灯りだけだ。 
突如猛烈な恐怖に襲われたAは、一目散に家へと走り帰った。 

Aを探す家族の人に出会い安全を感じたのは、夜中の0:00ちょっと前だった。 


後に太夫(いざなぎ流の祭司)がAの家族に言ったことには、
その6人は『7人ミサキ』に引っ張られた者達で、Aを7人目として迎えに来たのだという。
そして、0:00までに帰れなかったら死んでいただろうと言った。 
しかし、Aのおばあさんが毎日熱心に神棚を拝んでいたので、そのおかげで神様が虫を使って助けてくれたのだと。 

確かに私(とA)の住む地域では、昔男に捨てられた女が身投げして、7人ミサキとなったと言われる所がある。
身投げ後、立て続けに男ばかりが死んだので(転落して死ぬ・酔って眠って凍死 等)太夫に払ってもらったのだが、
「強すぎて私の力では落とせない」とサジを投げてしまっていた所だ。 
しかし、その女性が身を投げたのは昔の事だし、かなりの人が死んだとの事なので、
私達は「7人死んでるだろう」と、すっかり安心してそこで泳いだりしていた。 
結局、何故Aを迎えに来たのかという事は判らずじまいであった。 

Aはその後、怪奇現象にあうことも無く現在に至っているが、
当時の私は、いつか自分の所に迎えに来るのでは・・・と思うと、非常な恐怖を感じていたものだった。