当時学生だった私は、Aという友達とよく放課後に残っては、下らないダベリを繰り返してました。
部活なんか入ってなかったので。 
まぁ、私もAも恐い話が好きなほうで、よく恐い話を仕入れてきては楽しんでいました。
たまに女子も入ってきてキャーキャー言いながら、放課後の夕暮れの時を過ごしたものです。 

やがて受験を控えた最後の夏休みを迎える事になりました。
私とAはいつものように雑談してましたが、なんとなく夏休みと受験の鬱さから、何かイベントを起こそうという話になり、
犬鳴き峠に夜行ってみる、という事になりました。 
犬鳴き峠というのは、九州では非常に有名な心霊スポットで、危険だから立ち寄ってはいけない・・・と、
大人なら誰もが言うくらいのヤバイところです。(現在は封鎖されてます) 
そこのトンネルをくぐると、必ず何かが起きます。 
正直、私は妙な高揚感を覚えましたが、同時にビビってました。 
ですが、若かったせいもあって恐いなんて言えません。まして親友のAにそんな姿は見せれなかった。 
夕暮れのくっきりしたシルエットの中で、Aの顔は真っ黒にみえた。 


田舎学生でしたので、私たちは免許なんて持ってませんでした。 
ですので、ローカル線に乗って現地の駅に集合でした。
それからひたすら徒歩です。途中バスが出てるとの話でした。 

そして夏休みに入り、けだるい暑さの中で、
その決行の日が近づくにつれ、私は何をしても気持ちが落ち着かなくなりました。 
それから何度も電話でAと話しをしましたが、悔しいことにAは全然平気のようでした。
一度話の流れで、私が行くのをやめようっか?と言ったとき、Aのバカにした笑いが耳に響きました。 
それ以来、当日まで電話はしませんでした。
私は恐いとかよりも、恐がる姿を見せてたまるか!という決意で固まりました。 

そして、その日が来ました。


先日から振り始めた雨は、朝になっても止んでいませんでした。 
私は待ち合わせの夕刻まで、ベッドでごろごろしていました。 
やがて時間がくると、Aに中止にしようと言いたくて何度も受話器を握りましたが、言えずに出かけました。
「なんでこんなバツゲームみたいなこと…」

私は始めていく場所だったので、駅員に聞いたりしながら、なんとか現地の駅まで辿りつきました。 
すでに薄暗くなっています。雨は霧雨になり、傘をさしているのですが、体中がじっとりと濡れてきます。 
待ち合わせの駅に着いたのは、約束の時間より30分以上も早い時刻でした。
人気のない駅でした。駅員も古い駅舎にはいって、背中を見せたままです。
私は夏とはいえ雨に濡れてたので震えました。正直恐かったのだと思います。 

やがて約束の時間になりました。しかしAは来ません。 
私は次の電車で来るだろうと思い待ちました。しかしAは来ません。 
「あの野郎…」
正直、私は嬉しかったです。帰れると思いました。
しかし、すっぽかされた怒りは、若かったせいもあって強かったです。
「あいつ、どついたろうか」 
そのとき、後ろから声がかかりました。 


怒り顔のAでした。 
「おまえ!いつまで待たせんだよ!現地集合だっていっただろう??」 
「え??現地の駅だったぞ?」 
「…お前、俺はずっと峠の麓におったとぞ?」 
「すまん」 
Aは独りで待たされたせいもあってか、凄くいらついていました。
そして、早く行こうと先を歩き出しました。私は慌ててついていきました。 
Aはすでに一度通っただけあって、私を案内してくれました。 
しかし、Aもさすがに恐いらしく無口でした。顔も青ざめて見えました。 

やがて私たちは峠にさしかかりました。
しかしそこからは急に砂利道になってました。
私は薄暗い中、Aに必死についていきましたが、その先に鉄柵が張られていることに気付きました。 
私たちは、若さのせいにばかりするのはあれですが、
鉄柵に掛かった鍵を、砂利道でひろった大き目の石をつかって壊しました。Aは体力がないので私の役目でした。 

時間はかかりましたが、なんとか鍵は壊れました。相当古い鍵だったようです。 
そこからは、両側から草が繁る砂利道の、しろっぽく浮かび上がる真中を、ひたすら上っていきました。
雨のせいか、日はすぐに暮れました。 


私たちは懐中電灯をともして上りました。 
三十分くらい上ると、そこに闇をさらに黒くぬりつぶしたようなトンネルが見えました。
中は真っ暗です。見たこともない暗さでした。 
私は背筋がゾゾゾゾゾゾ…と寒くなりました。 
「こ…これかよ……」
Aも震える声で言いました。 
「さっきここで待ってた時は、まだここまで暗くなかったけど…」 
私たちは身をよせあって中を覗きました。まるで地獄につながっているかのようです。
昼間なら向こう側の出口の明るさも見えたでしょうが、
なにせ夜になっているので、本当に永遠につづくトンネルのようでした。 
「こ、ここを抜けると何かが起こるのか…」 
Aは余計無口になったまま、いつのまにか私の服を握り締めています。 
「お…おまえ先にいけよ……」
Aは震える声で私に言いました。 
「ば、ばか…押すなよ」 
雨のせいで虫の声もない山の夜です。
私たちの懐中電灯の明かりだけが灯っていました。しかし、その明かりも闇にとけこんでいます。 


私はもう駄目でした。恐いなんてもんじゃありません。正直泣きそうでした。
私はAに言いました。 
「ごめん。俺、無理。もう帰ろう」
しかし、Aは手を離しません。
「ば、ばか!ここまで来て帰れるかよ」
私はAに押され、少し前に進みました。 
「無理だって!俺、堪えれないよ」 
「お前が来ないから、ずっとここで待たされた身にもなれよ」 
「んなこと言ったって!俺は帰る!」 
「だめだ」
Aは私の服が破けるくらいひっぱって、トンネルに入っていきます。
私は必死でふんばりました。
「やめいって!」 
「いいから来いよ!はやく!」
Aはどんどん私をトンネルの奥にひっぱります。
私はさすがに切れて、Aを振りまわす気持ちでひっぱり返しました。 
私のほうがAよりも体力があるからです。しかし、Aの力はいつもより強く、私はふりほどけませんでした。 
「大丈夫だって、そんな恐いことないよ。一緒に行こうよ」 
……その時、私はあることに気付きました。 
「お前、ここで待ってたんだよな?」 
「……」 
「ここに来る途中・・鉄柵の鍵かかってたじゃないか・・・」 
「……」 
「だいたい、俺が待ち合わせ場所に着たのは30分も早かったのに、ずっと待ってたって・・・
 いつから待ってたんだよ?」
そのとき、私をトンネルの奥にひっぱっているのが、Aだけではない事に気付きました。 
後ろから、横から、たくさんの手が私をトンネルにひっぱっているのです。 
悲鳴が喉から出ない私に、Aが振りむいて言いました。
「早く死のうよ」 



後日談 

私は気を失ってたらしく、地元の人が山菜をとりに来た際、見つけられたそうです。 
私はひどい熱で、数日寝こみました。

病院で、Aがその日、恐くて約束をすっぽかしていた事を知りました。 
それ以来、Aとは口を聞くことはありませんでした。