私は現在、ある地方大学医学部に在籍している者ですが、
オカルトではありませんが、医学部にはいろいろと不気味な場所が存在します。
そのなかの一つ、『法医学研究室第一標本室』のお話です。

私の住む地方には検視監制度がなく、
いわゆる異状死体は、全て大学の法医学教室に搬送され、司法ないしは行政解剖が行われます。
それはそれは様々な異状死体が運び込まれてくるわけで、
中には練磨の法医学教室のメンバーでさえ、目を覆いたくなるような無惨なものもあります。
これらの異状死体は証拠写真を撮影された後解剖され、遺族のもとに返されるわけですが、
まれに遺族からも引取りを拒否されたり、
法医学・解剖学・病理学上、大変興味深い異状死体が搬入されることがあります。
このような医学上珍重な(そして大変グロテスクな)標本の多くが収容されているのが、
『法医学教室第一標本室』、通称『穴倉』です。


『穴倉』は、地階の教室を数個ぶち抜いた非常に広い部屋です。
しかし、広いには広いのですが、地階であるせいか、はたまた建物が非常に古いせいか、
隅々まで照明がいきわたっておらず、昼間でも電気をフルにつけていないと足元がおぼつかないほどです。
しかし、私自身を含め『穴倉』に始めてやってきた人間は、電気がついたとたん非常に驚いてしまいます。
なぜなら壁という壁には、異状死体の写真が隙間なく貼り付けられており、(しかも多くがフルカラー)
猟奇殺人鬼の隠れ家に迷い込んだような錯覚を覚えるからです。

それはもう、さながら『異状死体博覧会』の様相です。
轢死体、水死体、刺殺死体、撲殺死体、銃殺死体、事故死体、病死体、自殺死体、感電死体…
そこにはありとあらゆる『死』の見本がそろっているのです。
女性の中には冷や汗をかきだしたり、デリケートな方は嘔吐されたり、中には貧血で倒れてしまう方もおられます。
男性もやはり皆さん一様に驚きと、何ともいえないような表情を浮かべてしまうようです。

『穴倉』の不気味な所はここにとどまりません。
私も未だに慣れずに、やむを得ずにうかがった際には、できるだけ見ないようにしている一角があります。
そこにはなんと、おびただしい数の『縊死体のデスマスク』があるのです。

昔、ある法医学者の方が、
「絞首刑にあった罪人の顔はみな一様であり、
 もしかすると、死体のデスマスクから、犯罪を犯すような人間の顔の類型化が可能なのでは」
とお考えになり、行政と協力なさって、デスマスクの収集を始められたそうです。
収集当初から、
「縊死体が同じような顔面になるのは、窒息とその後の過程から当然である」
との反論が大勢だったのですが、その先生は反論には一切耳を貸さず、
ひたすら刑死人のデスマスクを、全国から集めて回ったそうです。
その先生は平成になってからお亡くなりになりましたが、
死の床に伏せられるまで、この主張を変えられなかったそうです。

このような経緯で、現在『穴倉』には表に出ているだけで十数体、
研究棟のどこかには、まだ数十体のデスマスク標本が眠っているそうです。
やはりこのような標本があると、オカルト的な話が様々に沸いて出てくるのですが、
私はあまりそのような話は気にしないようにしています。
夜中にデスマスクの目が開く、涙を流す、断末魔の叫び声を上げる…
しかし噂は噂に過ぎず、法医学教室のメンバーでそのような経験をしたという話は聞きません。


ただ、『穴倉』にはまだまだ不気味な場所があり、ふざけ半分で『開かずの間』などと呼ばれています。
大きな南京錠が二個かけられた、おそらく細長い部屋なのですが、
教授をはじめ誰も中をのぞいたことがないのはおろか、中に何が収納されているのも知る人がいないのです。
過去に何度も開けようとする試みがあったらしいですが、
当人たちが尻込みしたのか、実際に開けてみたという話は聞きません。
しかも、もはや鍵そのものがどこかに失せてしまっているのです。

その部屋いつから『開かずの間』になったかと言うと、件の先生が大学を退官なさってからだそうです。
それまでは個人的な標本、おそらくデスマスクを収納していたという話ですが…
来年、とうとうその研究棟も建替え工事が行われ、『穴倉』も消えてしまいます。
そのとき、あの部屋からは何がでてくるのでしょう?

医学部にはオカルトではありませんが、不気味な場所がまだまだたくさんあります。
『穴倉』の話もその一つに過ぎません。
また機会があれば、お話できればと思います。