母の若い頃の話で、怖い(というか危なかった)のがある。 

母は四、五年ぐらい前までタバコ吸ってたんだが、二十歳前位に乗ってたのが中古の高級車らしくて、 
結構車が好きで、中古でその高級車(名前忘れた)見て安かったから、ばあちゃんに言って頑張って買ったらしい。

買ってすぐに助手席に焦げ跡があって、あー自分はタバコ落とさないように気をつけよって思ったらしい。 
でも、その次の日にボヤ起こして、やっちゃったかって思ったらしいんだが、
それが車乗るたびに起きて、タバコやライターを持ってない時でもボヤが起きて、
流石にヤバいって感じて、買った店に返したんだよ。 
返してすぐに免許証入れっぱなしだったのを思い出して、店に行ったんだけど、もう買われた後だったんだ。 

二日位したら、突然家に警察から電話が来て、
警察『○○(母の旧姓)さんのお宅でしょうか?』
若母「そうですけど・・・」 
警察『ショックを受けないでくださいね。
 実はあなたの家の娘さん、先ほど車の事故でお亡くなりになりました・・・』
若母「・・・娘は私ですけど?(一人っ子)」 
警察『あれ、え、うそくぁwせdrftgyふじこ!?』
って凄い驚かれたらしいんだけど、車の外に母の免許証があって、死んだと思われたらしい。 
普通、死体と顔違うのわかるだろって思ったんだが、それがわからないほど酷かったらしい。 

その車はなぜか凄い炎上して、死体が殆ど炭の状態で、男か女かもわからないぐらいだったらしい。 
警察は事故って言ったが、本当は何もない普通の駐車場(ハイキングとかの)で、 
燃えるようなものは一つも無かったらしい。(後で身元わかったらしい) 

皆さんも、タバコと中古車には気を付けてください。