投稿者:ふぁーふぁ


私の町のとある場所に、踏切がある。

いつだったかは覚えていないが、そこでは結構前に人身事故が起きたらしい。なんでも、父親とその一人息子が乗った自動車が、夜間に線路内でエンストを起こして停止した途端に遮断器が下り、そして慌てて脱出しようとした時、電車が自動車に衝突したそうだった。自動車はぐしゃぐしゃになり、二人は亡くなったらしい。

そんな踏切だが、私がたまにそこを横断するときがある。その横断する時間帯が夜の時、踏切ではおかしなことがたまに起こる。

たまに、踏切付近で待っていると、線路内から、

「パパー!!...パパー!!...パパー!!...」

と、周囲に子供は一人も見当たらないのに、三回叫ぶ子供の声が聞こえてくるのだ。これは特に時間は定まっておらず、夜間であればたまに聞こえてくる程度だ。この線路内の何者かが「パパ」と言うぐらいだから、父親を探していることぐらいはわかる。

果たしてこれは、あの人身事故の親子と関係があるのだろうか。未だに謎である