〇2017年夏版!おすすめの怖い話ランキング1位~10位



10位 『青いクレヨン』


地元の小中学校の時の友達で、親の不動産屋継いで今不動産屋
やってるやつがいるんですけど、まあ結構面倒見のいいヤツだから、

まあ仲間内は「こういう物件ない?」とかいろいろ聞いて
「あ~それだったらこういうマンションがあるよ」とか
それから「アパート捜してくんないか?」って友達でも結構な
人数が世話になってる今でもすごい仲いいヤツなんですけど。


続きを読む>>




9位 『新聞受けから延びる手』


これは俺が2年前の6月14日に体験した本当の話です。 
俺が前住んでたアパートでの出来事。

その日、俺はバイトで疲れて熟睡していた。 
「ガタガタッ」という異様な音で俺が目を覚ましたのは、午前3時半を少し過ぎた頃だった。 
新聞には早すぎるな・・・?と俺は思ったが、眠かったので無視してそのまま寝ようとしたが、 
いつまでたってもその音は鳴り止まない。


続きを読む>>



8位『置いていかないで』



友達(A)から聞いた話。

Aは学生時代、友人Bと他県の教習所に通っていた。(なぜ他県かというと、県内で免許を取ると学校にばれるから)
その教習所で、地元の女の子2人組、C子とD子と仲良くなった。 
教習所に通っている間、いつも4人で遊んで仲良くやっていたが、AとBには地元に付き合っている彼女がいた。 
C子とD子とはその場限りの遊びのつもりだったので、免許が取れた後はすっかり会わなくなった。 
何度か電話がかかってきたが、居留守を使ったりして話す事すら無かった。 


続きを読む>>





7位 『湖面の人影』【投稿怖い話】


私が大学の先輩のダイバーのAから聞いた話。

その人は東京出身だが大学院の研究のためにダイビングの資格を取り頻繁に潜っていた。
研究のために資格を取ったといってもダイビングは楽しくよく潜っていたそうだ。

ちょうどAが滋賀県の北のほうに調査で来ていた時のことだ。
その日は暑く潜りがいがある日だったそうだ。


続きを読む>>






それは 数年前のまだ春浅い頃の出来事でした。

ある晩 突然0感の私が金縛りに襲われたのです。
半分眠りに落ちている状態ながら 自分の右側、腰の辺りに誰かが座り、
私の右腕をつかんでいるのに気がつきました。
それは影法師のように全身真っ黒でしたが、 何故か男性だと感じました。


続きを読む>> 




5位 『安い車』【投稿怖い話】


数年前の話。
俺は仕事の関係で都心から田舎に引っ越した。
当時付き合っていた彼女と結婚して、幸せな日々をすごしていた。
不満があるとしたら知り合いが居ない事かな?
寂しくなったら1人で飲み屋に行き、店のマスターや他の常連客と会話をしていた。
ある日いつものように1人で飲み屋に行く。


続きを読む>>




4位 『やもり』【投稿怖い話】


怖い話好きなら、どこかで聞いたことがあると思います。
ただ今から書くことが元祖もしくは本流に近いものだと私は信じています。
なぜかと言うと、ネットで散見するより遥か前からこの話を知っていたから。
もっといえば、体験者は私の先輩。
福岡出身の彼が、大学時代に地元で体験した話なんです。


続きを読む>>




3位 『山道の怪談』


大学時代、サークルの友人と二人で深夜のドライブをしていた。
思いつきで隣の市のラーメン屋に遠出して、その帰り道に、くねくねと蛇のようにうねる山道を通った。
昼間は何度か通ったことがあったが、夜になると、これが同じ道かと思うくらい無気味な雰囲気だった。
ハンドルを握っていたのは俺だったが、わりとビビリのほうなので、運転を代わってもらったほうが気が楽だった。


続きを読む>>




2位 『吊るされた足』【投稿怖い話】


大学時代、山岳部だった。
山の怖い話は色々あるけど、身近なやつをひとつ。ちょっと長いけど。

自分の1コ上に、山も沢も川もバリバリやる先輩がいて、唯一同性の後輩だった自分は随分と可愛がってもらった。彼女はご両親も山岳部出身というサラブレッドだった。

聞けば父子家庭で、母親は彼女が小学生の時に亡くなっているそうだ。死因は首吊り自殺。小学校から帰って来た先輩が最初の発見者になった。母親だけじゃない、母方の祖父も母親の兄も首吊り自殺で亡くなっている。


続きを読む>>



1位 『不思議な依頼』

 
某宗派の現役の僧侶なんですが、 
先日ちょっとビックリした事に遭遇して自分でも混乱してるんです。 
需要があれば書こうかとも思ってますが・・・

先日、ちょっと不思議なご依頼を受けて某塙さんで有名な県に行きました。 

用件は、はじめて電話を頂いたかたから、 
最初は「お墓を新しくしたから骨壺(骨)を移動させたいので来てほしい」 
というものでした。 

続きを読む>>