山の話を3つほど

ひとつめ
自分の親の知り合いが登山が趣味で、そいつから聞いた話らしい。
この男がマニアで、登山道の無いところを踏破する通称『ルートファインディング』が趣味の持ち主。
彼が言うには、奥地に行くと絶壁を人がものすごいスピードで上がって行く様が見られるらしい。
当然、絶対にそれはこの世の人間ではない。

ふたつめ
自分は大学でワンゲル部に入った。
部の先輩が雪山に入って、避難小屋の中にテントを張った深夜、
猛吹雪にもかかわらず、外でアイゼン(登山靴に付ける雪用の鉄製の爪)を外す音がガチャガチャすると言う。
その後誰も入ってこない。
深夜の吹雪の中でアイゼンを扱う人間など居るはずが無い。ましてや入ってこないのはおかしい。 
先輩いわく、このようなカタチで遭難者の霊がさまよっているとのことだった。

みっつめ
自分は社会人になってからヒマだったので、社会人山岳会に少し居た。
その会では遭難しそうになって、恐ろしくなりそれ以来山はやめた。

遭難は会津の吾妻連峰に山スキーで入ったときのこと。
天気が回復するとの天気予報を信じて入山したんだが、一向に回復せず吹雪が続いた。
登山をやめれば良かったんだが、
深入りした我々3人パーティーは見事にホワイトアウト(吹雪で目の前が真っ白)に遭い道を見失い、
気が付くと日没寸前でそのまま夜になった。
樹林帯を寝ずに突っ切らないと凍死するため、夜間強行を実施しずいぶん遅くまでさ迷った。

余談だが、人間って極言状況になると幻覚が見えるのよ。
自分の場合は、木々の向こうに『家』が見えてかなり参った覚えがある。
あ、家だ、と思って近づくと森があるばかり・・・。これはかなり嫌な経験だね。
前を歩いていたメンバーは怒っていたし、後ろのメンバーは話していることが時間と共に脈絡を失っていった。 
ホントどうしようもない思い出。

その後、慶応小屋を見つけて僕らは命拾いしたんだけど、快晴となった翌日は自衛隊が捜索に出動してきた。 
昨日の天気予報のせいで、僕ら以外のかなりの人が雪山に閉じ込めれていたらしい。
慶応小屋のおじさんによると、小屋に向かっていた人達の中でも「来なかった」人が居た。
その人のものかどうかは知らないが、
昼前に小屋に向かう道の真中で、山スキーが一本刺さった状態で見つかったとの連絡が入ったのを聞いた。
深夜、山スキーしか移動手段が無いのに、それを刺すことなどあり得ない。しかも一本だけ・・・。
命の掛かるスキー板は絶対に手放せるもんじゃない。

感覚的だけどね。
多分、このスキー板の持ち主は、最期何か見たか気が触れたんだと思う。
そういう事が起こっても全く不思議じゃないから。