『おあし』という神様の話。

父が若いころ、家に親戚のお嬢さんを預かっていたらしい。
お嬢さんはまだ高校生で、家庭の事情でしばらく父の家から学校に通っていた。
父の実家は当時商売をやっていたので、若い男が何人か住み込んでおり、
そのうちの一人とお嬢さんは、なんかいい感じになってきていたらしい。

ある日、お嬢さんとその若い人が一緒にコタツに入っていた。
が、しばらくして、男は真っ青になって上に上がっていったと思ったら、
従業員用になってた部屋からすごい悲鳴が聞こえた。
普段おとなしい男なのに、何事かと思った祖父をはじめとした父の家族はあわてて二階に行ってみると、
男が泡を吹いていた。完全に白目をむいていて、死んでいるのかと思い父は相当びびったそうだ。 


その男はその日はそれっきり気がつかなかったので、看病は祖父母に任せて父は寝たらしい。お嬢さんも寝たそうだ。

次の日、男が起きてきたので、いったい何があったのか問い詰めた。
話すのを嫌そうにしていたが、なだめすかして話させると、こういうことだった。

昨日お嬢さんとコタツに入っていたら、足が自分のひざあたりにあたる。
最初はただあたっているだけだったけど、だんだんひざから太ももの辺りをなでるように動きだした。
お嬢さんとその男はいい感じになってきていたから、それでお嬢さんがそうしているのだと思って、
男はどきどきしながら、その足を触ってみたら、毛むくじゃらで筋骨たくましい男の足としか思えない足だった。
ぎょっとしてお嬢さんを見たら、なんか恥ずかしそうにうつむいていて、
それで男は、男みたいな足だけどお嬢さんの足なのかと、釈然としないながらもその足を触っていた。
しばらくすると、お嬢さんがコタツをでた。でも男は足を触ったままでいた。
わけがわからなくなって、コタツ布団をめくると何もない。
気分が悪くなった男は、二階に上がって寝ようとした。
布団に入ってしばらく震えていたら、またさっきと同じ感触がしだした。
思わず飛び起きて布団をはいでみた。


そしたら、そこには黒々とした脛毛のたくさん生えた、紛れもない男の筋骨たくましい足が転がっていて、
しかも親指をくいくいっと動かしたそうだ。
足の裏にはマメらしきものがあるのもはっきり見えたという。
男は思わず悲鳴をあげ、そのあとは朝起きるまで気がつかなかったのだ。

それから、その男はしばらく父の家で働いていたけれど、
夜は時々同じように悲鳴を上げて家中を騒がせるし、
何より布団やコタツといった、めくって中に入るものを怖がるようになり、
だんだん精神的に不安定になったので、実家に帰らせたそうだ。

男がそんな状態になったとき、お嬢さんは「それはきっと『おあし』だ」といったそうだ。
お嬢さんは特に怖がる様子もなかったとか。
なんでもどこの地方か忘れたけど、どっか東北のほうで言い伝えられている神様(だか精霊だか)らしく、
お嬢さんはその地方の人だったとか。

そのお嬢さんというのとは父もそれきり会ったこともないし、今どうしているのかも知らないので、
詳しい話を確かめてみたいと思うけれどそれもできない。