電車の座席に本を読みながら座っていた時のことです。
日曜の昼で、あまり混んでいませんでした。
本を読み終わり、ふと目をやると、向かい側の座席に座っている女性の綺麗な足がありました。
何気なく上に目をやると、なんとその足の持ち主は恰幅の良い中年のおじさんでした。居眠りをしています。
あまりのショックに固まってしまい、周囲の人の反応を見ようと辺りを見回すと、みなさん気にも留めていない。
オジサンの隣のカップルも普通に会話しています。
『○○駅ー○○駅ー』
電車が止まりました。
すると、女性の足だけが歩いて電車を出て行きました。
一瞬のことでした。
残されたオジサンの足を見ると、ズボンに革靴といった普通のオッサンらしい足で、相変わらず居眠りをしていました。
『ドアが締ります。しまるドアにご注意ください』
ドアが閉まった途端、さっきのカップルの女性が「わたしの足どこ行っちゃったの?」と大声を出しました。
目を覚ましたオジサン含め、周囲の乗客は一斉に彼女を見ました。
「おまえ、何言ってるの?」と彼氏が言うと、
「え?私、今なんて言った?」と戸惑う彼女。
車内はシーンと静まり返りました。
「『足どこ行っちゃったの』とか、意味不明なこと言ってたよ」
「えーうそーなんでー」とカップルは半笑いで話をして、次の停車駅で降りていきました。

さっきの足の持ち主の女性が、彼女にのり移った瞬間を見てしまったのでしょうか。