時は第二次世界大戦の日本敗戦直後。
日本はアメリカ軍の支配下に置かれ、各都市では多くの米兵が行き交う時代でした。

ある夜、地元でも有名な美女(23歳の方)が一人、加古川駅付近を歩いていた時、
不幸にも数人の米兵に暴行され、
その後殺すにも苦しみながら死んでいくのを楽しむため、体の両腕・両足の付け根の部分に銃弾を叩き込み、道路上に放置したまま立ち去りました。

瀕死の状態をさまよっていた時、運良くその場を通りがかった地元でも有名な医者に発見され、腐敗していた両腕・両足を切り落とすことを代償に、一命を取りとめました。

しかし、自分の美しさにプライドを持っていた女は、生きることに希望が持てず、
国鉄(当時)加古川線の鉄橋上へ、車椅子で散歩につれられているスキをみて車椅子を倒し、
両腕・両足のない体で体をよじらせ、鉄橋の上から走ってきた列車へ身投げし自殺しました。
警察、国鉄から多くの方が線路中で肉片の収集をしましたが、
不思議なことに、首から上の部分の肉片は全くみつからなっかたとのことです。
しかし、時代が時代だったもので、数日経過するとその事件を覚えている者はほとんど居なくなりました。

事件が起こったのは数ヶ月後のある日です。
朝は元気だった者が、何故か変死を遂げるようになってきました。
それも、一軒の家庭で起こるとその近所で事件が起こる、といった具合です。
警察も本格的に動き出し、事件が起こった家庭への聞き込みでは何故か共通点がありました。
それは、死亡者は必ず死亡日の朝に、「昨日、夜におかしな光を見た」と言うのです。
実際に当時の新聞にも記載された事件であり、加古川市では皆がパニックになりました。
加古川所では事件対策本部が置かれ、事件解決に本腰が入りました。

そこである警察官が、事件が起こった家庭を地図上で結んでみると、あることに気がつきました。
なんとその曲線は、手足のない、しかも首もない胴体の形になりつつあったのです。
こうなると当然 次はどのあたりの者が事件に遭うか予測がつきます。
そこで、前例にあった『光』を見た者は、警察に届け出るように住民に知らせました。

やはり曲線上の家庭では、「光を見た」と言い死んでいきました。
しかし、実は『光』ではなかったのです。
死者の死亡日の、朝の告白はこうでした。
「夜、何故か突然目が覚めました。
 するとかすかな光が見え、見ているとそれはますます大きな光となります。
 目を凝らしてみると、何かが光の中で動いているのが見えます。
 物体はだんだん大きくなり、こちらへ近づいてきます。
 その物体とはなんと、首も両腕・両足もない血塗れの胴体が、肩を左右に動かしながら這ってくる肉片だった。
 ますます近づいてくるので、怖くて目を閉じました」
と言うのです。

次からも、その同じ肉片を見た者は必ず死にました。
そこで、次は自分だと予想した者が恐ろしさのあまり、
加古川市と高砂市(隣の市)の間にある鹿島神社(地元では受験前など多くの人が参拝する)で、お払いをしてもらいました。
すると、
「暗闇のむこうに、恐ろしい恨みがあなたを狙っているのが見えます。
 お払いで拭いきれない恨みです。どうしようもありません。
 唯一貴方を守る手段があるとするならば、
 夜、肉片が這ってきても絶対目を閉じずに、口で鹿島さん、鹿島さん、鹿島さんと3回叫んで、この神社の神を呼びなさい」
と言われました。

その夜、やはり肉片は這ってきました。恐怖に耐え必死に目を開いて、「鹿島さん」を3回唱えました。
すると肉片は、その男の周りをぐるぐる這った後、消えてしまいました。
通常、話はこれで終わりますが、やはり恨みは非常に強く、その男が旅へ出てもその先にて現れました。
その後、その方がどうなったかは知りません。

ただ非常にやっかいなことに、この話をもし知ってしまうと、
肉片が話を知ってしまった人のところにも、いつか現れるというのです。
私(兵庫県出身)が知ったのは高校時代ですが、
私の高校では、この話は人を恐怖に与えるためか、迷信を恐れるためか、口に出すことが校則で禁止されました。

皆さんはインターネットで知ったので、
鹿島さん(地元では幽霊の肉片を鹿島さんと呼ぶ)が現れないことに期待します。
もし現れたら、必ず目を閉じず、「鹿島さん」を3回唱えてください・・・。