ある街に一人暮らしをしている大学生の男がいた。 

男が住んでいるのはごく普通のアパートだが、たまにおかしなことが起こった。 

夜遅くにアルバイトから帰ってくるとカーテンの位置やゴミ箱の場所などが微妙に変わっている気がするのだ。 

最近は誰かにつけられてる様な気もしてきた、流石に気味が悪くなってきた男は大学の友人に相談した。 

男が「もしかして…ストーカーかな?警察に言うのが一番良いと思うけど… 警察は実際に被害が無いと動いてくれないって聞くしなぁ…どうしよ……。」 
と困っていると、

友人は「…じゃあ大学に行ってる間ビデオカメラで部屋を撮影しておいて、 もしストーカーが部屋に侵入してるのが撮れたらそのテープもって警察に行けば良いじゃん、 不法侵入してるわけだからさすがに警察も動いてくれるだろ。」
と具体的な解決策を提示してくれた。

やはり持つべきは友!これは良い案だ!と思った男は、早速次の日の朝、部屋にビデオカメラを設置して録画状態のまま大学へ行った。
 
アルバイトから帰ってきた男は焦った、久々に部屋に違和感がある。
「これは期待出来る、 マジにストーカー写ってるかも…」と思いながらビデオの録画を止め、再生した。 

しばらくは何も写らなかった。しかし夕方になると、知らない女が包丁を持って部屋に入ってきたのだ。 

「え…!!!!!!」ビビった男はすぐに友人に電話をかけた。

「ヤッベー!写ってる写ってる ストーカー写ってる!!!!」と若干興奮気味に伝え、それからは録画を見ながら友人に内容を実況した。 

「ゴミ箱漁ってるよぉ…」「今度は服の匂い嗅いでる…キメェ!!」

今までコイツは何回も 来ていたのかと思うと、男は背筋が凍る思いだった。
「これで警察も動いてくれるなぁ」 と少しホッとしてると、画面の中の女は押入れに入った。 

「うっわ…押し入れの中入ったよ、しかもなかなか出てこない……」などと友人と 喋っていると、また誰かが部屋に入ってきた。 

男は言葉を詰まらせた。 そこで部屋に入って来たのは自分だったのだ。 

そしてビデオの中の自分はカメラに近付き録画を止める。そこでビデオは終わっていた。