投稿者:甘菜


夢だけど、夢じゃなかった!!
そんな話し…
オレ、新社会人一年生
親元を離れ、憧れの独り暮らしを始めたんだけど
いかんせん、金がない
だから、ボロの上に超が付く程の格安アパートを借りたワケ
どのくらいボロかというと
歩く度に床はミシミシ音を立てる
建物の基礎となる柱は亀裂ありまくり
それを挟む壁紙は新しいんだけど、柱とその壁の隙間は目立ってた
そこから這い出て来たんだと思う
正式な名前は知らないけど、小さいムカデみたいヤツを見掛てさ
引っ越し初日は対害虫スプレー散布でいい時間
暗くなると、より陰気な部屋に感じたけどね
コンビニ弁当で腹を満たし、その日はソッコー寝ちまった
で、夢を見たワケよ
なぜかオレは小学生
当時仲が良かった3人の友達と、いつもの空き地でこれから何をしようか作戦を立ててる真っ最中だったんだ
ガキに限らず、計画を練るのは楽しい作業なんだけど
オレには1つ、嫌な感じがあったんだ
視界の端に女が見える
顔はよく分からないけど、白い服を着た痩せ方の女が居るんだよ
何か危害を加える気配はないけどさ、こちらの様子を絶えず意識しているようで不気味でね
取り合えず、オレはその空き地を離れ、近所に出来た大型のデパートを目指す事を提案した
不気味な女と云うのは20代に見える
でも、夢でのオレからしたら十分大人
小学生という特性を活かし、女を引き離してやろうと思ったんだ
例えば、金網のフェンスをよじ登る
ギリ体が通る垣根の割れ目を潜るとか
そうしてデパートにたどり着いたんだけど、女は視界の隅に居たんだよ
位置的には、オレ先頭で友達3人、その後ろにピッタリね
でも、人がいっぱい居たら流石に女も逃げるだろ
そんな期待を胸に、オレはデパートへ一目散に駆け込んだ
先ずはエスカレーター
2階に上がっても女の姿は見えていた
ならば3階、やはり女はついて来る
あっという間に屋上だ
オレはゆっくり振り返る3人の友達は、オレに笑顔を向けていた
肝心なのは、その後ろ…
やはり女は立っていた
ここは屋上、もう逃げ場はない
オレは覚悟を決めてこう叫ぶ
「何でついて来るんだよ!!」
そこでオレは目が覚めた
何だ夢か…
で、一安心
したのも束の間
オレは声を聞いたんだ
あの不気味な女が発した声だろう
それは目覚めたオレの耳元に、囁くように
それでいて、悪意を込めてこう言った
「何でわかったの?」
その声を聞いてからと云うものの、妙にからだがダルいんだ
3歩、歩いて息切れを起こした事もある
流石にその日は会社休んだけどさ
もしかしたら悪霊に取り憑かれたのかと思ったけど
その休んだ日に会社の水道管破裂して、社員一同水浸し
全く仕事にはならなかった…
なんて聞いたらラッキーじゃん?
悪霊だと思ったら、もしかして護ってくれたのかも
なんて思うオレは危ないヤツかw