兄が数年前、高速道路でバイク事故を起こした時の話。

両足切断か死ぬかのどちらか、と宣告を受けたにも関わらず、どうにか両足とも生足で残り、しかも死なずに済みました。
しかし受けた事故の衝撃で、自制と痛みの神経が離れて、
わかりやすく言うと、痛みを感じない暴力団風1歳児な感じでしょうか。
訳のわからない事を言っては看護婦を殴るは、ぐちゃぐちゃの足で隙をみて歩こうとする。
家族で夜通し介護をすると病院に約束したため、拘束されずに済んだ兄だったが、
こっちはとても辛い毎日を送ることになった。

ある夜、歩かないように監視するため病院に泊まっていた時のこと。
個室の椅子で、疲れから知らない内に寝てしまっていました。
ギィ
ベッドの音でハッっと目が覚め見ると、
暗い病室の真中でベッドの両脇の冊に掴まり、両足膝下を左右くの字に曲げて、立ち上がろうとしている兄がいた。
すぐさま取り押えてベッドに押付けようとしたが、一点を見つめフーフー言いながら動こうとしない。
ナースコールもすでに兄によって隠され、探している余裕はなかった。

とりあえずへたに動かすのもまずいと思い、話をして落ち着かせようとした。
「どうしたの?何かあったら言ってよ」
そう言うと、「ボールとれなかったから…」と、いつもの寝言が始まった。
医者の話しだと、常に寝起きの頭の状態らしく、よくこんな事を言っていたから、何も不思議じゃなかった。

「ボールなんてないでしょ?!どこにあるの?!」
そう聞くと、
「そこにあるだろ。はやくとれよ」
鳥肌が立った。
兄の目線を追うと、床に緑色の小さいゴムボールが本当に転がっている。
「とれよ」
そう言われたけど、とても取れる状態じゃなかった。
兄を押さえている為じゃなく、そのボールの奥に、人の手と足が見えたから。
手と足先が同じ位置にあるわけないのですが、何故かそう見えたんです。
とても振り返る事が出来なかった。と言うか、体全体がひきつけを起こしたように、震えていたせいもあった。

ふと兄を見ると、目線がゆっくり移動している。
すでにボールの高さじゃない位置を、左右にゆっくり目で追っている。
「あ…」と何かを言おうとした兄に、「だいじょうぶ、だいじょうぶだから」。
そのときはとにかく何も聞きたくなかった。
徐々に何かが近付いてくる気配を背中に感じながら、何かが見えないように反射的に目をパチパチしながら、
震えた手でコールを必死に探し、ベッドの下に隠してあったコールを見つけた。
そして看護婦を呼び、兄を寝かせた。

「だいぶ疲れてますね、どうぞ休んで下さい」
と言う看護婦に、違う意味で悪いと思いながらも兄を頼み、病室を足早に退出しました。

その後は何も起らなかったけど、(たぶん)
こんな状態の人がぼけて語る話しは、全部が全部夢物語りじゃなくて、
何か理由があって語っている時もある事を実感しました。
怖いと言うか、不思議な感じが残った体験でした。