当時高校一年だった俺は、海辺の我が家から友人宅へ向かうべく歩いていました。
時刻は午後九時をまわっていたでしょうか。
住宅地とはいえ街灯も疎らで、薄暗い海岸近くの生活道路に、俺以外の人影は全くありませんでした。

と、後ろから足音が聞こえてきました。
何気なく振り返ってみると、10メートル程後方に男がいます。
一見して、それほど若くないことだけはわかりました。
足音が早くなり、その男がどんどん近づいてきました。
追い越すんだなと思っていると、その足音は1メートルほど後方で歩を緩め、俺にぴったりと追従する形になりました。
細い路地ならともかく、そこは幅員5メートル程もある道です。
明らかに意図的なその行動に、当時既に武道の有段者だった俺も、
相手の真意を質すことはおろか、振り向くことすらできなくなっていました。

そのまま10メートルも歩いたでしょうか、
後ろの男が再び早足になると、息がかかるほどに密着してきました。  

この後の事を書くと、予定調和臭くなるので気がひけるのですが、事実なので書きます。

密着されて俺の恐怖が最高潮に達した瞬間、角を曲がって1台のバイクが近づいてきて、俺の前に止まりました。
「よ~お、久しぶり」
それは中学時代の友人でした。
その時初めて、目前の異様な状況に気づいたその友人が、
「え?誰?何?どうしたの?」と素っ頓狂な声を上げると同時に、
男は不自然に顔を背けると、海岸方向に走り去っていきました。

横田さんが連れ去られたとされる場所から、数キロ地点の海岸線で、彼女が失踪してから数ヶ月後に体験した実話です。
マスコミが彼女の失踪を報道した翌日、当時通っていた道場の後輩が、
「あの横田って、俺の同級生なんスよ」と言っていたのが、今でも鮮明に思い出されます。