投稿者: ガガ

 
怖い話の本文: 私が高校生だった頃体験したことです。
私の家は築30年ほどの日本家屋で小学4年生で母が父親と離婚してから買った一軒家です
引っ越してからよく子供の足音が階段からしたり
母が玄関を開ける音がして階段を登ってきた足音がしたので私が帰ってきたと思って待っていたら上がってこずしばらくしたら私が本当に帰ってきた等
母はよく何かかんじてたようですが
私は何も感じませんし信じていませんでした
高校生に上がったころ
元々どうしようもない人で離婚したのですが父親が仕事でトラブルを抱え
母を頼り転がりこんできました
私と母は2階に住み
父親には1階の1室を使ってもらい変な三人家族で住んでいました
その夏のことです、余りにも熱帯夜で私はクーラーのある母の部屋に逃げ込んで
布団を敷いて寝ていました
その夜の夜中にひどくうなされて目が覚めました
見ていた夢の内容は思い出せませんでしたがものすごい恐怖感に襲われ放心状態でいると
タオルケットから出ていた足に水滴がおちてきました
でも触ってみると乾いていたので
更に怖くなり母を起こし事情を話母のベッドで一緒に寝ました

次の日母が帰宅するなり今日父親と顔を合わせたかと聞いてきます

私はその頃父親と学費やらの金銭で揉めており
家にいても顔を合わせないようにしてた為
1週間ほど姿さえみていませんでした
それを母に伝えるとからかってないよね?と聞いてきました
母が朝起きて1階に朝食を食べにいくと
父親が昨日私が泣きながら階段を駆け下りてきて真っ暗なお風呂場でずっと泣いていたといってきたそうです
心配になって呼んではみたものの父親も顔を合わせるのが気まずかったようで夜が明けてから母に相談したそうです
母は私と一緒に寝ていたので
それが私ではない何かか、もしくは2人で口裏をあわせているのかと思ったそうです。

父親は数年前に出ていきました。あの日私が感じた恐怖感と父親がみた何かは関係があったのでしょうか

あれ以来私はまで謎の足音を聞くようになり未だに実家に帰ると時々足音が聞こえます

とくにおちはないですが私が体験した恐怖体験でした