俺の友人Iが、就職して一人暮らしを始めたばかりのころの話。

Iは最近どうも金縛りに遭うので、寝不足でたまらないと言う。
その時は「疲れてるんだろう」と一蹴した。
しばらくしてまた会ったら、Iがあまりにやつれた顔をしていた。
さすがに心配になった俺は、愚痴を聞くつもりで詳しく話を聞いてやった。

どうやら、仕事や普段の生活面では、問題はほとんどないらしい。
疲れて金縛りに遭うあうというよりも、金縛りに遭い続けるせいで、疲れていっているようなのだ。
「なんかさー、幻聴?人の声とか、足音みたいなのが聞こえてくることがあるんだよね」
「マジ?やばいじゃん!それぜってーユーレイだって!」
周りの友人たちは、面白がって適当なことを言っているが、当人は笑っていられる状況じゃない。
Iはあまりそういうのを気にするタイプではなかったのだが、
この数週間がよっぽど堪えたのか、悲壮な顔で俺に縋ってきた。
「なあ、お前さ。実家が神社だったよな?!」
「母方のじいちゃんちね、俺は関係ない」
「でも、ちょっとはわかるんだろ?!頼む!一日でいいからそばにいてくれ!」
あまりに必死な様子にかわいそうになった俺は、仕方なくその日、Iの部屋に泊まることにした。

部屋に入ってすぐに、気休めにでもなればと思って、清めの水(水道水)を撒き塩を盛った。
俺が知ったかぶって講釈を垂れてやると、Iは安心したのかかなり落ち着いた様子だった。
だが、ぐっすりと眠りに落ちた後のこと。
俺は突然の奇声に安眠を妨害され、飛び起きた。

「あーーーーー、あああっ、あああ」
苦しげというのでもなく、気の抜けた声を上げ続けているのは、隣で眠っているIだ。
俺は驚いて、Iを揺さぶり起こそうとした。
「おい、どうした?I!」
「あーーーっ、ああ、あーーー」
返事はなく、ただ声を上げるだけ。
俺はIがおかしくなったんじゃないかと思って、必死で起こそうとしていた。
その時、ふと視線を感じて、きょろきょろと辺りを見回した。
でも当然誰もいない。
俺はだんだん気持ちが悪くなってきた。
Iの様子はもう尋常じゃないし、視線もびしびし感じる。
やばい、マジでそっちかよ!と、俺は非常に焦った。

何か役に立つものはないだろうか、と考え、
俺は台所にダッシュして米を探し出すと、Iの体に思いっきりぶつけた。(本当は洗わないといけない)
これが効いたのか何なのか、Iは声を上げるのを止めて、今度はびくびくと痙攣し始めた。
俺はどうすればいいのか分からずに、とりあえずがっちりと手足を押さえつけた。
しかし痙攣はなかなか治まらなくて、俺は他に何かあったかなと、懸命に頭をめぐらせた。
「とおかみ…え~っと、祓い給え清め給え!」
大部分を忘れてしまっていたが、これが効いたのか、痙攣は徐々に治まっていった。

俺はほっとして、Iを元通り寝かせてやる。
すると、Iが泣いていることに気づいた。
泣いていると言っても、表情は落ち着いたもので、ただ涙だけがぼろぼろと流れているのだ。

そこで俺は、紙でヒトガタを作りIの名前を書くと、
それでIの体を撫でながら「掛けまくも畏き……」と、有名な祓詞を唱えた。(これはなぜか覚えていた)
Iの涙は止まらなかったが、とにかく俺に出来ることはすべてやった。

疲れきった俺は、いつの間にか眠ってしまったらしい。 
Iの枕元に突っ伏したまま、翌朝を迎えていた。


Iは相変わらずやつれているものの、少しすっきりした顔だった。
「昨夜はどうだった?もう大丈夫そうか?」
「うん、なんか調子はいい。体を押さえつけられるみたいな感覚はあったけど」
それは俺だ。
俺はなんとなく、昨夜のことを教える気になれなかった。
不思議がるIを誤魔化して、散らかった部屋を掃除し、一刻も早く部屋を出ることを勧めた。
Iは渋ったが、次が見つかるまで俺の部屋を半分使うということで話はつき、その日のうちに部屋を出た。

その部屋で過去に何があったか……という事は、あえて調べたりはしなかった。
少なくとも、Iはあれ以来金縛りに遭っていないらしいから、それで解決したと思うことにしている