私が二十歳になって初めての選挙のことだから9年位前の話です。 

初めての選挙で投票に行ったんです。朝っぱらでした。 
投票所が私の母校の小学校の体育館で、そこに入るの卒業以来だったので、
「こんなに狭かったけかな」とか思いながら天井眺めてました。 
天井は鉄骨の骨組み(梁といえばいいのかな)が並んでいるんですが、
その鉄骨の1本からなんか紐がぶら下がってるんです。 
見たとき「ハチマキかな」と思ったんですが、私の順番がきたので用紙をもらい投票箱にいれて、
出口から出ようとしたとき誰かが「あ」と声を上げたんです。 
数人が天井を見ているので私も見ると、さっきのハチマキがぶらさがっています。 
そのハチマキがぶら下がってる鉄骨の向こうの鉄骨(舞台の近く)が、なんか『球』なんです。 
体育館の壁から壁へ渡してあるその鉄骨が、途中でいきなり鉄球状になってるんです。 
直径多分5mくらい。隣あった鉄骨もその鉄球に若干飲まれてつながってる?状態でした。(通じるでしょうか)


まわりもそれを見てざわざわし始めて、私も何がなにやらわけがわからず、天井と他の人たちを交互に見てたら、 
ふとその場にいた人たちの立ち位置が入れ替わったんです。
私は出口の鉄の引き戸(2枚ある)の開いてないほうに確かに背を向けていたのですが、
なぜか選挙管理員?の座ってるテーブルに背を向けて立ってたんです。
その管理員さんも一瞬私を『え?なんでそんなとこ突っ立ってるの』という顔で見て、 
さらにビニールテープで仕切られた向こう側に、
突然現れた人(というか、もとからその体育館にいた人でしょうが)が2人いたりして、 
なんか体育館にいた人全員が、同じ体育館内に瞬間移動したみたいになったんです。 
私はなぜかそのとき、そんなとこに立ってる自分に恥ずかしくなって、(いまから思うとこの感情は間違いだろうと思うんですが)
出口に早足で歩きながらさっきの天井部分を見ると、その球は消えていました。 
見間違いとも思えなくて、そのあと気になって出口付近でうろうろしてたんですが、他の人もそんな感じでしたが、
しばらくして動悸が治まらないまま家に帰りました。

神奈川のZ市のS小学校なんですが、あの場に20人はいたと思うんですが、
心当たりのある人いましたらレスおねがいします。