今年33歳になるが、もう30年近く前の俺が幼稚園に通ってた頃の話です。 

昔はお寺さんが幼稚園を経営してるケースが多くて、俺が通ってた所もそうだった。 
今にして思うと、園の横は納骨堂だったし、その隣は古い墓地だった。 

夕方、幼稚園の遊具で遊んでいた。外には俺一人だった。 
室内には何人も人がいたんだと思う。でもそのときは、何故か俺一人だった。 
ジャングルジムの上に人が座っていた。男の子だった。 
黒の半ズボンに、黒い金ボタンの上着を着ていた。裸足だった。 
坊主頭で、小学生くらいだったんだろうか。すぐ自分より2つ3つ年上の子だと分かった。 
その子はじっと俺の方を見ていた。 
特に怖いとか、ビックリした記憶は残って無い。ただ、何故か無性に寂しくなったのを覚えている。 

その子は黙ってジャングルジムから下りると、納骨堂の横を通って墓地の方へ歩いて行った。 
俺はその子の後について行った。
墓地と言っても、園の隣で見慣れた景色だったし、日頃かくれんぼをして遊ぶ場所だったので、特に怖いとは思わなかった。

その子を目で追ってたつもりだったが、何故か今思い出そうとしても、その時の光景が思い出せない。
だがその時見た、苔の生えた小さな墓だけは鮮明に脳裏に焼きついている。
古い墓地によくある巨木が夕日を遮っていたので、辺りは薄暗かった。 
その薄暗さを意識した瞬間、すごく怖くなって走って園に戻った。 
時間にして1~2分の出来事だったんだろうが、今思うとすごい長い時間だった様な気がしてならない。 

しばらくして、祖母が迎えに来てくれた。 
今思うと、祖母が迎えに来てくれたのは、その時が最初で最後だった。 
何故かその時、祖母の顔を見た瞬間の安堵感を覚えている。 
そして祖母は、墓の方を物悲しい顔でしばらく見ていた後、
「○○ちゃん(俺)。何も心配せんでよか・・・ばあちゃんがちゃんとしてやっけんね」
と、俺の顔をまじまじと見ながら言った。 
二人で手を繋いで家に帰った。

途中、駄菓子屋の前を通りかかった時、俺は無性に寄り道したかったが、
「今日はあかん!今日はあかん!早よ帰らんばあかん!」と祖母にたしなめられた。 

祖母が死んだのは、その日の深夜だった。 
何故か俺には、祖母の死が記憶としてハッキリ残っていない。
葬儀で親戚やら知人やらが家に大挙して、慌しかったのは覚えているが、
祖母が死んだ悲しさが、今でも全く記憶から消えている。 

翌年、俺は小学生になった。
小学校も幼稚園と道を挟んで隣接していたが、俺はその後、一切近寄らなかった。
正確に言えば近寄れなかった。 
意識すると頭の中に、苔にまみれたあの小さな墓が浮かからだ。 

中学2年になった時、町内のボランティアで、再び幼稚園のあるその寺を訪れることになった。
墓地は整備され、古い無縁仏や墓石は撤去されて、以前の面影は残っていなかった。
幼稚園も新築され、当時とは全く景色が変わっていた。 
寺の本堂が改築されるらしく、古い荷物やらゴミやらの掃除がボランティアの仕事だった。

住職が、何十年ものあいだ寺に持ち込まれた物を整理している。 
その中に遺影が何十枚もあった。俺と友人は、それを外に運び出すよう言われた。 
黄ばんだ新聞紙に包まれた遺影の中に、一枚だけ裸の遺影があった。 
俺はその遺影を手に取って見た瞬間、全身の血が凍った。 
あの時みた少年の遺影だった。
そして、その少年の背後から、
その少年の首をこの世の物とは思えない形相で絞めている、祖母の顔が写っていた。 

俺は気を失い、目がさめた時は病院だった。 
父も母も、恐怖で顔が尋常ではなかった。 

後に、写真は住職が供養して、焼却処分したと聞いた。 
父が住職に聞いた話では、その少年は戦時中、土地の地主が養子に引き取った子で、
かなりの冷遇を受けた後、病死したらしかった。 
祖母は若い頃、その地主の家で手伝いをしていたらしく、かなりその子を可愛がっていたそうです。 
その少年は多分、俺を連れて行く為に現れたんだろうと、住職は言っていたそうです。 
祖母はそれをさせまいとして、その結果があの写真だったのだろうと言っていました。 
その後、すぐ引っ越したのですが、今でも思い出します。