関西限定芸人、メッセンジャー黒田が体験したという話。 

昔、心霊スポットに霊能者と共に行き、心霊写真を撮るという仕事が入って来た。
黒田は霊的な物は一切信じておらず、ためらい無く引き受けた。 

いざ現場に行くと霊能者が反応し、「霊がいる」「撮れる」という場所を指さした。 
言われた場所には木が立っており、黒田は普通に写真を撮った。 
撮れた写真を見た所、木に横半分顔が隠れたざんばら髪の男が、カメラ目線に映っている写真が撮れた。 
明るい場所で確認する為にロケ車に戻った。

そこでじっくり確認した所、木に半分隠れていたはずの顔が、木から離れて完全な顔として映っていたそうだ。 
これはやばいと思い、霊能者のいる場所に写真を持って行った。

そして霊能者が見た時には、写真全体が真っ黒になり、判別不能になっていた。 

その事は黒田以外のスタッフも確認していて、 
黒田はそれ以来、本当に心霊写真はあると信じるようなったそうだ。