俺が高校2年の頃の話。

俺はちと重い持病を持っていた。
それが原因で、長期休暇中は検査の為にいつも入院せにゃならんかった。
折角の夏休みを半月近くも病院で過ごさなきゃならなかったが、意外に同年代の奴も多く友達もできて案外楽しいもんだった。

そんな風に結構入院ライフを満喫していたある日の事、俺は夜中ににトイレにいきたくなった。
当時その病院はまだ建てられたばかりで、内装も綺麗なもんだったが、やはり夜の病院は怖い。
少々ビビリながらもトイレへいったんだが、トイレの手前は曲がり角になってる。
俺がその曲がり角の手前まできた時、いきなり曲がり角の向こうからニュっと指先が出てきた。
ちょうど角につかまる感じで、指先だけが角の先に出てきたんだ。
「!!!??ッ」
正直めちゃくちゃビビった。
だが前にも俺はここで曲がった直後、同じく入院していた爺さんといきなり鉢合わせしてしまい、
失礼な事に「っひゃ!?」などと情けない悲鳴を上げた事がある。
だから今回も、ちょうど誰かがトイレから出てきたんだな、と思ったんだ。
だが、どうにも様子がおかしい。
トイレまでの通路は結構狭く、点滴をつけた患者さんなんかだとすれ違うのはなかなか困難。
なのですれ違おうとせずに角の手前で待っていたんだが、いつまでたってもその指先の主が出てくる気配が無い。
1分たっても今だ微動だにしない指先を見て、もしかしたらヤバい?と本能が警鐘を鳴らし始めたが、
もしここでこの指先から目を逸らしてしまったら、
その瞬間、曲がり角の向こうにいる何者かが、自分を角の向こう側に引きずりこんでしまいそうな気がして、
どうしても目を逸らす事が出来なかった。 


どうすることもできず、指先を何分程みつめていただろうか。
ふいに、まったく動く事の無かった指先が動きはじめた。
ゆっくりと指を波の様にくねらせながらというより、ムカデが歩く時の様な妙に嫌な感じの動きで、
角をつたいながら上へ上へと上がっていく。
最初は俺の肩の位置くらいにあった指先が、目の高さになり頭の高さになり・・・とうとう天井近くまでの高さになってしまった。
ヤバいな・・・これ、絶対人間じゃない。
正直失礼な話なんだがさっきまでは、
もしかしたらここは病院だから、この指先の主はいわゆる『おかしい人』なのかもしれない、
それでこんな意味のわからない行動を取ってるのかも知れない、
という考えもあったんですが、もうそんな疑念は消し飛びました。
指先の位置はもう俺の身長の2倍以上の高さにあります。明らかに人間の届く高さじゃありません。
あれが天井に届いたら次はどうなる?・・・まさか出てくるのか?
自分の思考にかなりの恐怖を感じました。
そんなことを考えているうちに、とうとう指先は天井まで上がりきってしまいました。
どうなる?どうなる!??
もう頭の中はパニック寸前だったかも知れない。
しかし、指先は天井に届くと、出てきた時と同じくらいの唐突さで角の向こう側にサッと引っ込んでしまった。
指先がもう見えなくなった後もしばらくその角から目が離せなかったんだが、もうそれ以上は何も起こらなかった。
けれども、流石にその先のトイレを使う気には到底なれず、
迷惑承知で、個人病室持ってる奴のとこに頼み込んでトイレを貸してもらった。

これでこの話はお終い。
ちなみに今でも俺はこの病院に通院してるし、相変わらず長期休暇には入院もしてる。
だけど、あんな恐怖体験したのはあの時1度っきりなんだよな。
今度またあったら今度は角の向こうを覗いてみようと思ってる。まぁ俺ビビリだから無理かもしれないけど・・・
それに妙に印象に残ってるんだが、
普通幽霊とかならもっと極端に色が白かったり、肌が老人みたいだったり、爪が妙に黄ばんでたりとかするもんなんだろうけど、
あの指先は健康そのものだったんだよ。
肌も瑞々しかったし、ちゃんと赤みもさしててさ、俺なんかよりよっぽど健康そうだったw
だからこそ最初は人の手だと信じて疑わなかったし、その分俺の恐怖度も倍増だったんだけどな。