私がまだ、セーラー服着て女子高へ通ってた頃の話。 

その日は、学園祭で他校の生徒も出入り自由だったんだぁ。 
よく、居るじゃん。「私、霊感有るのよ~」ってコ。
そう云う他校のコが来て、
出るって噂が山程有る部室で、(実際、学校側でも霊媒師呼んで何度もお祓いをしてる)
私の友達と降霊会をやってたのね。 
私は、馬鹿馬鹿しいので不参加したんだけど、親友はその部の部員だったから参加したらしいのね。
思えば、心配だからだったんだろうけど。 

…で、やってる内に、部員の一人がいきなり声が、男の声に変わって、
「お前ら全員、呪い殺してやる!!」と叫びだしたんで、部室内は、勿論パニック状態。
他校からやって来た自称『霊感持ち』は、泣き出すばかりで全く役に立たず。 
実はそこに参加してた私の親友って、代々憑き物落としの家系で、
産まれた時に白蛇が出てきたとか、色んな曰く付きのコ。
ただ、親しくない人には一切そんな事は話さないコだったんだけど…
近くの店から蝋燭と半紙と筆ペンを買って来て、
即席でお札を作り、簡単な除霊の儀式を行って、何とかその場は治まったらしい。 

その部室の近くに居た霊感ゼロの後輩は、その除霊が終わった時、
何色ともいえない眩しい光が部室から出て来るのを、目撃しちゃったんだと。 
だけど、それだけじゃ終わらなかったんだ。

その頃、同時に体育館で催し物をやってたんで、私はそっちに参加してた。 
ところが、親友が除霊を終わった頃、体育館のスピーカーから変な声が聞こえだした。
初めは小さい音だったんで、ノイズかな~と思ってたら、段々大きくなっていって、
壇上で劇をやってたんだけど、その音が聞こえない程の音量に… 
すると幼稚園位の子供の声で、「お地蔵さんの首が落ちる…」。
ガラス貼りの放送室を覗くと、放送部の部員が泣き喚いているのが見えた。 
不思議な事に、そんな声はテープにも入ってなかったんだと、
放送部の友達が後から、泣きながら教えてくれた。 
その上、あれだけ大きな音だったのに、聞こえてたコと、全く聞こえてなかったコが居たってコト。
ちょっとだけゾッとしました。 

「お前ら~」って叫んだコは、それから、自分は悪魔を呼び出すコトが出来ると、吹聴するようになり、
元々嫌われてたのに、彼女が自分のクラス以外に顔を出すと、塩をまかれるように…
彼女は今どうしているのかなぁ。
高校卒業してもしばらく、『霊感』をひけらかせてたけど… 

親友は、今はフツーの会社員をやりつつ、
休日は自分の家の御堂を護ったり、頼まれればタダで霊を祓ったりしてる。 
その親友曰く、「こんな力無かったら、もっとのんびり暮らせたのに…」 
本当に見える人って、不自由だよね。