営業の仕事をしてた頃の話。 

仕事にも十分慣れて、入社した頃のようなガムシャラさは失せ、
要領よくこなす事を覚えた俺は、毎日のサービス残業の疲れを、車の中での昼寝で補うようになっていた。 
人気のない場所で車を止めて、コンビニで買った漫画と昼飯食いながら、 
昼過ぎから夕方まで寝て、あとは適当に顧客をまわって帰るのがほぼ日課だった。 
多少の後ろめたさはあったものの、労働基準法を完全に無視した会社のシフトのおかげで、 
体力的に、そして営業という仕事柄、ノルマの壁には精神的にかなり衰弱しきってたから、 
どんな場所でも眠りにつくのは簡単だった。 
でもいつも深くは眠れず、疲労からくる金縛りはウチでも車でも常にだった。 

師走のその日の昼も、いつものように車を停めて寝入っていた。 
前に顧客まわりの途中に見つけた、ダム脇のちょっとした空き地。 
国道からは茂みで丁度死角になる小道を進むと、
その頃住んでいた、安アパートの駐車場くらいのスペースがあった。 

昼飯を食べ、軽くシートを倒して漫画を読んでいると、睡魔は襲ってくる。 
そして案の定、金縛りはすぐにやってきて、いつものように自分の心と体の状態を実感させてくれた。 

目を開くと、カーオーディオのディスプレーが、時間と曲のタイトルを表示していた。 
時間は18:05で、曲は当時友達の影響で聞き始めたレディオヘッドだったと思う。 
「あれ?こんなに寝てしまったか?」と思いながらも、金縛りはまだ解けない。 


重い感覚の中、動かせる目だけをフロントガラスにやると、もう暗くなっていた。 
こんな季節にこんな時間まで寝込んでしまったら、まぁ当然だ。 
「言い訳が必要か」と考えつつ、何となくそのまま眺めていたフロントガラスの右上、 
丁度運転席の自分の目の前に、人の手の影が見えた。 
黒い影の手が、車のフロントガラスに手をかけている? 
一度その影から目を切ってディスプレーに目をやると、丁度18:05から18:06に変わる瞬間だった。 
「ディスプレーの光が目に焼き付いて、そう見えたんやな」
そう思い直し、もう一度フロントガラスに目をやった。 
今度は、影の顔がこっちを覗きこんでいた。 
表情は分からない。
ただぼやけた輪郭の真っ黒な影が、片手をガラスにくっつけて、車の中の俺をみていた。 
こんなとき、その人の怒りとか悲しみだとかを感じた、というシチュエーションをよく聞くが、 
元来無心信な俺は、その影の気持ちなど分かるはずもなく、ただその影の顔を眺めていた。 
金縛りには慣れっこの俺も、そんなモノを見るのは珍しかったから。 


「これは霊ってやつなんかな?それかやっぱ夢?」 
いろいろな考えが頭をめぐった。 
その間も影は、微動だにせずこっちを見ている。 
ふと気づくと、俺は影を眺めているんじゃなくて、目を動かせなくなっていた。 
どうやっても他の場所を見ることが出来ない。 
さっきまで見ていたディスプレーも、読みかけで手に持ったままの漫画も見れない。 
影は微動だにせずこっちを見ている。
それが分かった途端、ようやく恐怖心がジワジワと襲ってきた。 
影はこっちを見ている。 
「やばい、どうしよう」 
影は見ている。

コンコン 
ふいに横のガラスが鳴った。 
恐怖は一気にピークに達していた。
「怖い怖い怖い」
動かない体で、情けないくらいもがいていた。 

コンコンコン 
今度は強めに鳴った。 
同時に体が自由になった。 

ディスプレーに目をやると、まだ14:30…十分程度しか寝てない時間だった。 
当然外はまだ明るく、覗いていた影ももう消えていた。 
音のした方を見ると、窓の外に50代と30代の男が二人立っていた。何か喋っている。 
「大○県警のものですが」
30代の男がかざしていたのは、ドラマでしか見たことのない警察手帳だった。県警の私服警官だ。 
慌てて窓を開けた。
「はい?何ですか?」 
「こんなとこで何してるんですか?」 
「寝てるだけですよ。何かまずかったですか?もしかして私有地とか?」 
「いや、そうではないんですが…。ほら最近不景気じゃないですか。
 多いんですよ。こういう寂しい場所を選んで、その…自殺する人とかがね」 
「確かに仕事はキツイですけど、自殺なんて考えた事もないですよ。僕がそんな風にみえますか?」 
「そりゃみえますよ。あなた自分の手で首絞めて、白目剥いてたんですから。何事かと思いましたよ」 
「…………」

暫く話した後、二人は覆面パトで帰っていった。 
あの場所とダムで、人が亡くなっている記録は、その時点ではなかったそうだ。 
しかし、あの影はなんだったのだろう。 
気持ちの悪さだけは胸に残り、俺も直ぐにその場を離れた。 

とても一人ではいられなかった。 
いつもより早く会社へ戻り、電話で顧客へのご機嫌伺いに奔走した。 


それからというもの、俺はなぜか営業の外回りに出るたびに、
記憶のなかのあの影に怯え、昼寝ができなくなってしまった。 
ほどなく睡眠不足から体調をくずし、軽い鬱病にもかかってしまった。 
鬱な状態で営業成績もあがるはずがなく、会社表彰を受けるほどだった俺が、
ワーストグループに加わるのに時間はかからなかった。 

あの場所で昼寝をした日から、一ヶ月もしないうちに辞表を出した。 
会社の人は誰も俺を止めはしなかった。 
厄介者が放り出されるように、俺は会社を辞めた。 

あの影がなんらかの心霊現象だったとは、今も思っていない。 
後ろめたい気持ちで昼寝してたために、眠りが浅くなり怖い夢を見ただけなんだ。 
仕事を甘く見てた俺だから、当然の結果なんだよ。 
そうでも思わなきゃ、今でも金縛りと共に現れるあの影が、
俺を更に不幸にするんじゃないかって考えてしまって、こわいからさ。