投稿者:なな


これは私が19歳の頃の話です。

私がバイクの免許を取ったという事で
夜に走りに行こうという話になりました。
私はまだバイクを持ってなかったので
友人のバイクで二人乗りをして
近くにある心霊スポットに行ってみようという話になり
夜の1時くらいに集まって
池へ出発しました。

30分くらい走らせると着いたのですが
特に何も無く、写メをとっても
何も映らなかったため
もう帰ろうとバイクを走らせようとしました。

するといくらアクセルを回しても
進まず、池の方へ強い力でひっぱられました。
友人は後ろで
「A、お前ビビらすなや ほんま洒落にならんやろが」
と、強い口調で怒っていました。
しかし、自分は本当に何もしてないので
「B、うち何もしてないんや
ホンマに勝手に動きよんや」
と、言ってる間にどんどん池の方へ
バイクは引っ張られていきます。

「A!代われ!俺が運転する!」
と、Bに言われ代わろうとした瞬間
後ろでBの悲鳴が聞こえました。

「Bどしたん?!」
「俺…今足掴まれとる…」
そこから私たちはパニックに陥り
ひたすら念仏を唱えていました。
しかしバイクはどんどん引っ張られ
池に落ちるまで5m程しか距離が
なくなってきました。

もう死んでしまうのかなと思っていました。
私たちが行った池は県内でも有名な心霊スポットで
人柱を埋めているし、自殺者も多い事から
絶対に夜行ってはいけないと
言われていた為、そんな事があっても
おかしくなかったのです。

わずか池との距離が1mになった時
ふと引っ張る力が消えて
急に自由になりました。
パニックだった私たちは
喜びながら家へ帰り
その日は恐怖のあまり
2人で震えながら寝ました。

後日 昼にその池を訪れると
私たちが自由になった所の傍に
お地蔵さんが祀られていました。
どんな意図で祀られているお地蔵さんかは
分かりませんが、私はそのお地蔵さんが
救ってくれたのだと思っています。

場所は公開しませんが、絶対に
行くのはオススメしません。