こないだすげー怖かった。

俺はマンションに住んでる。 
15階立てで、15階に共同風呂ってでけー風呂あんだよ。 
俺は水道・ガス代節約のために、その日の夕方も、共同風呂にいくためにエレベーターにのった。 

さっぱりして、さあ部屋に帰るか!と思ってエレベーターに向かった。 
で、俺の住んでるマンションは、エレベーターに行く途中の廊下から外が見えるんだよ。 
道路や、線路。ほかの階の廊下や、非常階段まで。
そして廊下歩くとき、なにげなーく非常階段みたんだよ。 
8階の非常階段に人っぽいのがいた。
はじめは「ああ、あそこにもエレベータあったよな~」と思ってたけど、俺は異変に気づいた。 
その人らしいのは顔が真っ黒だった。夕方だけど、まだ少し明るいのに。 
で、「(えぇ!?え?え?え?)」とか混乱してしまった。
そうしたら、その人らしいのと目があったような気がした。 

突如、その人らしいのが走ってきた。 
8階へ9階へ・・俺は走って逃げた。エレベーターのボタンをおすが、エレベーターがこない。 
だけど、人の影はもう15階に・・・エレベーターが来たから、すぐ自分の階をおした。
エレベーターの外から「バン!バン!バン!」とドアをたたく音がする・・・ 
恐怖で汗がでまくる。 
エレベーターって階ごとに窓がついてるじゃん? 
で、14、13、12、と連続して、その人影がうつった。映画の「呪怨」とまったく同じ状況。

でも、自分の階へ到着したときは、その人影がなかった。 
自分の部屋の鍵を開けて入ろうとして、なにげなくまた非常階段を見たら、人影がションボリと座っていた。
一瞬あれ?と、なんか悲しくなった。
でも、恐怖が襲ってきて、すぐ部屋にはいり、鍵をかけ、チェーンをした。

翌日、学校にいったら、赤ん坊の時から大学の現在まで親友のAが、交通事故に遭ったときいた。 
なんでも、車に跳ねられた時、どぶ川に転落したらしい。 
どぶで体を自由を奪われ、川からぬけれなかったらしい。 
そして、水死or溺死したみたいだった。 
引き上げられたときは、全身にどぶがついていて、顔も何も見えなかったらしい。

ひょっとして、あれは、Aの別れの挨拶だったのかもしれない。 
(で、でも、挨拶にしてはかなり怖いよな~)
なのに、俺は逃げて逃げて・・・Aよスマンカッタ。