今朝、母親から聞いた話です。 
ゴミ捨てに行く時に、そういえばこんな事があってねと… 

家の近所に、有名な女性の住んでいる家があります。 
母親と同級生なので、生きていれば56、7歳くらいになりますか。 
…細長い3m級のマフラーを編んで近所中にくばる。 
…金属バットを持って隣の家に殴りこみ。 
…冬でもノーブラ・タンクトップで家の前で掃き掃除。 
…春になると誰彼かまわず喧嘩を売る。 
…イタズラ電話が趣味。
とまぁ、精神的に問題を抱えていた女性です。
一時期病院に入っていたのですが、親が無理やり連れ帰り、 
2度の結婚離婚を経て(ただし、実際には籍を入れていなかったらしい噂が) 
何年かたち、1、2年前にガンで亡くなったそうです。
亡くなった場所は、結婚の際に母屋と離れて同じ敷地内に建てた、一軒家だそうです。 

問題は、その女性の死亡時以前から始まります。 
彼女の両親は、精神的に問題を抱えていた娘を恐れていたのでしょう。 
その一軒屋に閉じ込め、
仕事のため食事は出気合の弁当を毎日買って、その同じ敷地内にある一軒家に届けるだけで、特に面倒も見ず、
本人自ら気づくことなくガンに侵され、 
精神的にもますます狂ってゆく娘を、病院に連れてい行くことなく、 
そのまま放っておいたのです…
そして死にました。 
当り前です。ガンなのに何もしないで放っておいたのですから… 


死亡時、警察の検分が確かに行われたのですが、両親は罪には問われませんでした。 
そして、この近所では田舎なので、葬式が出ると付近住民が手伝う慣わしが残っていました。母も行きました。 
田舎でのことですので、警察の検分が行われたことは皆知っていました。
女性の死因については色々な噂が飛び交い、好奇心に駆られた女性数人が、
葬式の参列者が火葬場に行ってしまっている間、死んだ女性の一軒家を覗きにいったらしいのです… 

母の話では、
「大変だったみたいよー。○○さんなんて全身鳥肌立っちゃって、
 『私は言えない、私は言えない』って繰り返すばかりで!
 当り前だよね!気が狂ってるんだもの。
 掃除なんかしないし、弁当は食い散らかしてあるままだし、
 血だらけのシミだらけの布団がそのままだったんだよ!
 ガンで痛くて暴れてたらしいし。
 一番イヤなのは、その血だらけの布団が、そのままゴミ集積所に捨ててあったんだよ! 
 葬式の後!丸めもしないで、そのままだよ!」 

そして今現在、生き残っていたはずのその女性の、父親が病院に入院しています。 
ですが、母親の方が親戚中に泣きついているらしいのです。 
曰く、「家にいるのが怖い」と…
近所中では当たり前のように語られていますが、出るらしいのです。その気の狂った娘さんが… 
死に場所の一軒家から、母屋の方へやってくるらしいのです。 
その方の家に最近伺った方の話では、
母屋にはたくさんの部屋があるのにもかかわらず、使っている形跡がないらしいのです。 
年寄りの一人住まいとはいえ、おかしなことです…
お客様がいらっしゃるなら、掃除くらいはするはずです。
掃除すら怖くて出来ないらしいのです。
娘さんが徘徊しているので…… 


『出る』という現象については、私も近所の方々もわからないのです… 
何分、現在は老女の一人暮らし。
元々金属バットを持って隣家に殴りこみに行くような人が、暮らしていた家なので、 
ご近所の方々も、なるべく係わり合いにならないように、普段から避けているご家庭なのです。 
ただ、お家は敷地内に家がふたつあるぐらいですから、庭も広く、農家といえども案外立派な構えです。 

これは母と私の考えなのですが、恐らくその女性は、自分が死んだことを知らないのではないのかと思います。
いつも用意してくれた食事が見当たらないので、母屋の母親の所へ、
這いずる様に行き来しているのではないかと思います…(どんな姿かは想像できません…)


今さっき帰ってきた母が話してくれました。 
どうやら、ご近所の人たち(年配の)でくだんの家へ、独り残された母親のお見舞いに行ってきたそうです。 
俗に言う、様子見です。

お前には話しておくわねと… 
私の家の北側には、兼業農家の祖父・祖母、息子夫婦にその子供たちと、3世代が住む広いお家があります。 
いは無き祖父さんのお母様、子供たちにとっては曾祖母にあたる方は自殺されたそうです…
その理由は、昔、私の家のお隣さんがお嫁さんを迎える準備をされていた時に、
保管されていた結納金の、窃盗容疑をかけられたからだそうです。 
昔のお金で3万円。
お嫁さんの家に差し上げるため、箪笥の奥に隠してあったものが無くなってしまい、
ある人間のタレコミで嫌疑がかかり、悩んだ挙句の自殺だそうです… 
そのタレコミをした人こそ、只今入院中の、くだんの家の、ガンに蝕まれていく娘を閉じ込めた父親です。 


自殺された曾祖母さんのお葬式の後、残された家族の方があまりの悔しさに、
家にいわゆる拝み屋さんを呼び、ご近所中が興味津々で集まったらしいです。
拝み屋さんを呼んだなら、誰でも勝手に参観可能なのだそうです。
そして拝み屋さんの口から語られたのは… 
「今、この家にいないのが盗った」 

その人間こそ、例の家の入院中の父親、タレコミをした本人だったのだそうです。 
噂はあっという間に広がりました。
子供も娘が独りしかもうからず、
しかも、その娘は年をとるごとに気が触れていく…… 
そして結局、今に至るわけです。

たぶん、祟られたのでしょう…あの家は。 
一人娘が気が触れたまま死に、父親は現在は、脳梗塞で体が動かず入院中。 
もう、二度と家に帰ることはできないでしょう。
そして、くだんの家には生きている人間が独り、得体の知れないモノが独り… 
あの家はもうだめです……たぶん。

これで母から聞いた話しは終わりです。
因果応報。そんな言葉が脳裏をよぎりました。