田舎住まいなので、通学するときにはいつも田んぼの脇道を通っていた。 
その日も家に帰る為、いつものように田んぼの脇道を、カエルの鳴声を聞きながら歩いていた。
すると田んぼの中に、ピンク色の割烹着のような服を着た人が立っているのに気が付く。
「ああ、田植えか何かしているんだな」
そう思って良く見てみると、何か動きがおかしい。
片足で腰をクネクネさせながら、
白いビニールの紐のようなものを、新体操をしているかのように、体の回りでグルグルさせている。 
何と言うか、フラフープをしているような、そんな動き。
変な汗が、俺の体中からフツフツと湧き出てきた。
しかもソレは片足でケンケンしながら、少しずつコチラに近付いて来ている。


ゲコゲコと蛙の鳴声が響く夕焼けの田んぼの中で、俺は何故か動けずにソレを見ていた。 
腰をクネクネさせて、ピョコピョコとコチラにやって来るソレに、顔は無かった。と言うか見えなかった。 
写真でブレた時みたいな、激しく顔を振っている。そんな感じ。
体は普通に見えるのに、まるで顔の部分だけぼやけていると言うか・・・。 
俺は目がかすれたのかな?と思い、何度も目を擦ってみたが、ソレの顔は相変わらず見えない。
しかも、もう目の前まで来ている。
「ああ、こらもう俺の人生終わったな」
そう思ったと同時に、涙が物凄い勢いで流れた。目が痛くて開けていられない程に・・・

俺はその痛みと恐怖で気絶してしまったらしく、次に目を開けた時には自宅の布団の中でした。 

そこには俺を囲むように、親父と祖父、祖母と近所の坊さんが居て、
なにやら念仏のようなものを、声を揃えて唱えている。
なんだかその状況が可笑しくて、「ブフッ!」と吹き出すと、
祖母がグッっと俺の体を押さえ付けて、「ジッとしてろ!」と低い声で言った。 

結局それは、俺が目覚めてから1時間程続いたのかな。
その後、祖母に聞いた話しでは、俺が出会ったアレは『案山子の神様』とかなんだけど、
その案山子は寂しかったのか何か知らないが、俺を自分の仲間にしようとしたらしい。
「連れてかれたら、一生泥の中で暮さなきゃいけねえんだぞ」と、祖母は最後に言いました。
おかげで今でも、田んぼに案山子がポツンと立っていると、恐くてしょうがないです。