友人に神社センサーみたいな人がいる。 
はじめて来た場所でも、地図も見ずにちょっと周りを見渡して、
「あっちかな…」とか言って歩き出して神社にたどり着く。 
道に迷ってふらふらしてたら神社に行き着き、興味をひかれてなんとなく道を曲がれば祠に出会う、そんな人。 

すごかったのが、ハイキングで迷った時。
山のてっぺんにある神社をゴールにしてたんだけど、二人で迷子になった。 
地図見ても自分がどこにいるかわかんないし、
とりあえず上に登って行けば頂上の神社につくんじゃね?ってことになったんだけど、 
いきなり「こっちな気がする」とか言って、脇にあった獣道を歩き出した。 
頂上の神社の場所が分かったのかと思ってついて行ったら、
神社は神社でも、地図に載ってない中腹にある別の神社だった。 
人もいない寂れた感じの神社で見るからに古そうだった。 

そこで休憩してたら、人が下から登って来たから道を聞いてみた。 
その人は古い神社の管理をしてるという地元のおばあさんだった。 
そしたら、頂上の神社への道は少し前の大雨で一時的に通行禁止になってたとのこと。 
後は弁当食べて古い神社にお参りして帰って来たけど、 
古い神社の管理人さんは、ここは普段は無人で参拝客もほとんどいない、人が来るのは珍しいよって言ってた。

友人は最近神社だけじゃなくて、寺センサーも備わりつつあるらしい。