数ヵ月前の週末。腹減ったからリビング行ってお菓子食ってたのね。 
で、母ちゃんはソファで昼寝してて、俺適当にテレビ観てた。 
そしたら母ちゃんが寝言言い始めて、誰かに道案内してるみたいだった。 
「はい、そうです。ここ曲がるんです」とか、「ここ左折です」とか。
面白くてしばらく聞いてた。 
「そうです。そのまま道なりです」
そしたらピンポーン。一瞬、え?ってなった。
まさかなと思ったら鍵忘れた兄貴で、玄関先でちょっとほっとした。

で、母ちゃん起床。なぜか汗だく。 
「今、誰かきた?」って。 
「いや、来てない。兄貴帰ってきたけど」って答えたら、「他には!?」って。
「いや、誰も来てないって!」って言ったら、めっちゃ安堵してた。 

で、父ちゃん帰ってきて夕飯食ってる時、兄貴が唐突に、
「お母さん、今日帰りに知らん人からうちん家どこか尋ねられてんけど、知らん?約束してたんちゃうん?」って。 
母ちゃん絶句。
「まぁ、知らん人やしなんかキモかったから、知りません言うといたけど」っとしれっと言う兄貴。 
「母ちゃんどしたん?」って聞くと、
今日昼寝中見た夢で、顔だけぼんやりとした中年の女に、
包丁で脅されながら俺んちの道案内をさせられてた夢だったらしい。 
それがあまりにもリアルだし、中年の女の声にも聞き覚えがあるから怖かったと。
だから自分が案内して本当にここに連れてきてしまったんじゃないか?と思ったらしい。 
兄貴が道を聞かれた相手とも特徴が一致。
でも母ちゃんはその女の正体が今も思い出せず、
父ちゃん・兄貴・俺も、それ以降そんな人に声をかけられてない。