じゃ俺が昨日、出入りの配管工から聞いた話。

「熱湯の通ってる銅管とか、修理するのが大変ですね」っていう話の流れで、
「原発じゃないですが、蒸気とか漏電とか、危なそうですねえ」 
「ええ。まあ、こういう家庭用の100Vだと、そうでもないんですがね」 
と言って話始めた。

昔、その配管工の同僚に、Aさんって人が居たらしい。
ある時、デパートなんかの大型の変電設備の近くで、水道管の修理をしていた時に、運悪く漏電事故が起きた。
「100Vやそこらなら、手が反射的に痛みで離れるんですよ。
 200Vになると手がくっつきますが、周囲の人間が気が付いて、蹴りでも入れれば助かりますね」 
Aが遭遇した漏電事故は、600Vとか800Vクラスの電圧で、
その配管工が言うには、「吸い寄せられた」様に見えたらしい。 

電流は頭から右半身を通って右足へ抜け、幸いにも心臓は異常無く、命は助かったとの事。
しかし、頭部の右側をはじめとして、電流の通った部位はかなりの火傷を負ってしまった。
「なんにせよ『命が助かってよかった』と言っていたんですがね・・・
 火傷も快方に向かっていたある日、Aは医者に言われたそうなんですよ」
医者曰く、
「貴方の頭部は、7割が火傷の為、皮膚呼吸ができなくなりました。恐らく余命は、10年といった所でしょう」

「Aはあと5年・・・あと2年・・・と言ってたんですがね、11年目に死にましたよ」