私の妹が体験した話を書かせて頂きます。 

以前、海へキャンプへ行ったときのことです。 
そこは自然のビーチで、近くにはお手洗い等がなく、
お手洗いに行きたいときは、少し離れた港まで車に乗って行っていました。 

夜中のことです。
寝ている途中で目が覚めた祖母がお手洗いに行きたいと言うので、
おばさんと祖母と、そのとき一緒に目が覚めた妹の3人で、お手洗いへ行くことになりました。 
車に乗ってお手洗いへ行き、妹は特に用を足したいわけでもなかったらしく、車の中で待っていました。 
その時ふとバックミラーを見ると、浮浪者のようにボロボロの格好をした男が映っていたそうです。 
こんな夜中になんだろう?と妹は思ったそうです。
自分たち以外の人を全く見ないこの時間に・・・と後ろを振り返ると、確かに男は立っていました。 
怪訝に思いながらも姿勢を戻し、ふとバックミラーを見ると、男がすこし車へ近づいているのです。

え?と思いもう一度振り返ると、男はさきほどと同じ位置に立っている。 
見間違いかと思い前を向きバックミラーを見ると、さっきバックミラーを見たときよりも更に近づいている。 
更にもう一度振り返ってみると男は変わらぬ位置にいて、バックミラーに映る姿だけがどんどん近づいてくる。 
これはヤバイ、と思った妹は車の外へ飛び出したそうです。
そこで妹が見たモノは、車の真後ろに立ちこちらを見る男の姿・・・ 
そのまま妹はおばさんと祖母のいるトイレへ駆け込んだそうです。 

あのまま車に乗り続けていたらどうなっていたんだろう・・・と妹は言っていました。