俺、昔犬を飼ってたんだ。 
名前はチュリって言う雑種なんだけど。 
賢い犬で、まだ小さかった俺のお守りをしていてくれたらしい。 
両親は共働きで、小学校1年のときから鍵っ子だった。 
家にはチュリがいたから、寂しくはなかったんだ。 

そんなチュリも、俺が小5のときに死んでしまったんだ。 
俺はもう悲しくて悲しくて、それが元でちょっと体調を崩してしまったんだ。 
熱を39度くらい出てしまって脱水症状を起こして、病院に短期入院した。 
そこの病院が、幽霊がよく出るって言う噂の悪名高い病院で、俺は嫌だった。 
でも、仕方なくそこに入院したんだ。

その夜、案の定幽霊に遭遇。 
出た幽霊は、16歳くらいの男の幽霊だった。 
メガネかけてて坊主で、目の辺りが窪んでて、気味が悪い幽霊だった。 
そいつは俺の横に立って、壁に向かってぶつぶつ言ってんだよ。 
もう怖くて怖くて、布団を頭からかぶってぶるぶる震えてたんだ。
ふっ、とそいつの気配がなくなったと思って、恐る恐る布団から頭を出すと、 
坊主頭の幽霊の変わりに、今度は着物着た女が、ドアの隙間から俺のほうをジーっと見てんだよ。 
俺はもう怖くてどうしようもなかった時に、ふとチュリに助けを求めてみた。 

「チュリ助けてくれー」って。
そうしたら、さっきの坊主頭の声が聞こえてきたんだ。 
今度ははっきり聞こえた。
「塾に行かなきゃ、塾に行かなきゃ」 
俺は、塾にでもどこでも行けよーと思いつつ、相変わらずチュリの名前を呼び続けた。 
そしたら、窓の外で犬の遠吠えが聞こえたんだ。 
近いような遠いような場所から、ワォー!ウォー!ってな感じで。 
そしたら、坊主頭の幽霊が「ちっ!」って舌打ちしたと思ったら、気配が消えた。 
そして次の瞬間、部屋のドアがバンッ!て閉まる音がしたんだ。 
ものすごい勢いで閉まる音だった。結構な範囲に聞こえるくらいの音だった。 

そしたら看護婦さんが来て、「どうしたの?」って聞いてきたから、今までの経緯を話した。 
そしたら、「やっぱり出たのね・・・」って言って、「首とか絞められなかった?」と聞いてきた。
それはないと言うと、その坊主頭の幽霊は、よく人の首を絞めようとするらしい。 
多分、チュリが助けてくれたんじゃねーのかなって思う。 
犬の遠吠えって、結構な力を持つらしいから。 
ありがとうな、チュリ。 


あのあと母ちゃんから聞いたのだが、
俺が入院して幽霊と遭遇している夜に、犬の遠吠えが、チュリを埋めた場所からしたらしいんだ。 
そしたら、それに反応してほかの犬も遠吠えを始めたらしい。

それから数ヶ月後、父ちゃんが新しい雑種犬を拾ってきた。 
そいつは散歩の途中に、でかいシベリアンハスキーから俺を身を挺して守ってくれた猛者だ。 
ぜんぜんチュリには似ていない犬だが頼もしいやつさ。 
俺は犬運に恵まれている。