心霊モンじゃないんだが、おれが検査技師だった頃の話で聞いてくれ。 
その時も、今も一応バイク乗り。 

おれが当直だった夜に、急患でおれは叩き起こされた。 
急変とかで、まあよくあることだ。 

処置室に行くと、ちょうど患者が救急車で病院に着くときだった。 
救急車からストレッチャーで下ろされたのは、真っ黒に焦げた死体(にみえた)だった。
救急車のスタッフにきくと、交通事故をおこしたドライバーで、引火した車の中に取り残されたらしい。
50代位の男性だった。 
一応、生きてはいるが、そりゃもう表面なんかコゲコゲで、肉の焼けるにおいがあたりに立ちこめ、
俺はもう吐き出しそうになった。 
全然動く気配もない。もう時間の問題だ。 
「すごいですよ。一応心停止してません。まあ、もうだめでしょうけど」と救急隊員は言った。 
医師も「あー、こりゃすごいね」と言って、治療をする気もなさそうだ。 
「ひどい・・・」
看護婦も目が怯えていた。 


俺は一応、検査をするための準備にかかった。 
機器を用意している部屋に入って準備をしていたら、その黒こげの患者が運ばれてきた。 
俺は検査の為に針を刺すので、その患者の腕の血管をさがしたが、
表面が黒こげで、どこに血管があるか分からなかった。 
「あー、これメチャクチャで、どこだか分かんないよ」と俺は言った。 
皮膚のまともなとこを探そうと腕をつかんだとき、
「・・・そんなに私、ひどいんですか・・・」
と、その黒こげ患者が言った。 
「あ、あ」
俺は声にならなかった。ずっと意識はあったんだ。 
今までの俺達の会話を聞いていたんだ。 
その部屋の中にいた、医師、看護婦、俺、救急隊員、全員が凍りついた。 

まあ、2時間もしないうちに患者は亡くなったんだが、 
なんども「私は死ぬんですか?」って聞かれて、
俺たちは不謹慎だが、逃げ出したい衝動になんどもかられたよ。