去年の夏、俺の友達が大学のサークルの仲間四人と、つまり計五人で肝試しに行った。 
場所はN県にある、五階建ての廃病院。(地元だと結構有名な心霊スポットだとか)
そのメンバーは男三人と女二人という構成で、そんでその中の女の子の一人が、
「私、生まれつき霊感持ってる」と、何かと吹聴してるようなやつなんだと。(でも誰も信じてなかったらしい)

N県は東京からはそれなりに遠いらしくて、そいつらは午後十時頃に出発。N県に到着したのは午前零時。
そっから目標地点までは二十分くらいだと。

病院までの道の途中、例の霊感女が「いやなかんじがする」「戻ろう。絶対やばい」だの言い始めて、
病院が見える距離に入ったら、「嫌!こわい!こわい!こわい!」とか、ものすごい大声で叫び出したそうだ。
仕方ないので、来る途中あったコンビニにその子を置いてこよう、ってことになって、車は来た道をUターン。
そのコンビニについたら、偶然タクシーが止まってたらしくて、その子はそれに乗って帰ったらしい。 


俺の友達とかもちょっと怖くなってきてたんだけど、せっかくここまで来たんで、とりあえず廃病院にいったそうだ。
時間ロスしたんで、病院に着いたのは結局一時頃だったとのこと。 

車を病院の傍に止めて、多少びびりながらもメンバーは早速肝試しを開始。 
怖がりの俺としては信じられんことに、連中は病院を、一階から五階までくまなく探索したんだと。 
「中は想像してたほど散らかってなかった」とか言ってた。(でも、一階と二階は落書きだらけだったらしい)

何の怪奇現象も無く、全員無事に屋上まで到着。 
四人は安心して、「なんだよつまんねーな」「気ぃ利かせてでてこいよ」とか言い合ってて、
屋上でしばらく休んでたらしい。 

男の一人が何気なく屋上の手すりの方に近づいって、そこで異変に気づいた。 
「下の方に人がいるぞ」 
「マジ?」
「霊魂でも見たか(笑)」
それでも俺の友達とかは、そいつがからかってるんだと思ってて、まだ軽口叩いてたそうな。 


実際みんなで真下見てみたら、ほんとに人が居たんだと。しかも三人くらい。 
でも幽霊って感じじゃなくて、普通の服着たおっさんとか、黄色いワンピース着た太ってるおばさんなんだとか。
そいつらは病院に入るでもなく、病院の傍でぼーっと突っ立ってるだけなんだと。 
「おーい!」と声かけても反応無し。
これは普通じゃないってんで、みんなびびって速攻手すりから離れた。

女の子が「なんかやばいよ。帰ろう」って言い出して、残るみんなもそれに賛同。 
でも、そのおっさんとかおばさんとかは病院の入り口にいるので、どうしようって事になった。 
とりあえず俺の友達が、もう一度手すりのほう行って下見てみた。
「おい、増えてるぞ!」 
三人だったのが、何か三十人ぐらいに増えてたらしい。
やっぱり見た目は幽霊っぽくなくて、じじいとか子供とかいろいろ居たらしい。
(でも五階なんで、あまりよくは見えなかったとのこと)
そいつらはやっぱりぼーっとしてて、うじゃうじゃ突っ立ってたらしい。 
でも、俺の友達が気づいた。


「あいつら見てる!こっち気づいてんぞ!」
そいつらは突っ立ってるだけなんだけど、じっと手すりにいる俺の友達とかを見てたらしい。 
(五階なので、すぐには気づかなかった)
女の子は叫び出したりして、もう大混乱。
でも降りるのは怖いので、全員屋上で朝まで震えてたんだと。 
朝になったらそいつら居なくなってたので、速攻で東京に帰ったとか。 

後日談。
例の霊感女によると、「あそこに地獄の入り口があった」だとか。
さらに、最初に病院が見える距離まで車が入った時、
「空の方から無数の霊が、病院の傍の森に降りてくるのが窓から見えた」らしくて、
それで叫び出したんだとか。(最初に教えてやれよって感じだが)