私がまだ小学校低学年の幼い子供だったころに、趣味で怖い話を作っては、家族や友達に聞かせていました。
「僕が考えた怖い話なんだけど、聞いてよ」と、きちんと前置きをしてからです。 
特にじぃちゃんが、私の話を喜んで聞いてくれました。 
私はそれがとても嬉しかったんです。熱心に聞いてくれるのと同時に、こわがってくれたから。 

そんな折、私の作った話が、クラスの中で流行りだしました。 
放課後の男子トイレで、個室を叩くとノックが返ってくる。といったありがちな話です。 
クラスの女子の間であっという間に流行り、噂は学年中、学校中へと広まりました。 
「男子トイレの前で、手招きする男の子を見た」とか言い出す女子も出てきていて、
私がやっとその噂を知って、「僕の作り話だってば」と言ってもきかず、その後もまことしやかに囁かれ続けました。 
ついには、そこで肝試しを始めるグループまで現れてしまいました。 


その肝試しでしたが、なにも起きるわけがないのに、
グループの子供が皆、「ノックの音が返ってきた」と言うんです。大変な騒ぎでした。 
そんなワケないだろ!?と思って、作り話だということをアピールしようとしたのですが、
当時の私は、皆に冷たくされるのが怖くて言い出せませんでした。 

そのうち私は、自分の話が本当になってしまったのではないか、と思うようになり、 
すごく恐くなって、自作の怖い話をすることをやめました。 

その騒動があってからしばらくして、じぃちゃんが怖い話をしなくなった私に、
「もう怖い話しないのかい」と聞いてきました。 
私はもう泣きじゃくりながら、その話をじぃちゃんにしたんです。 
「ほうかほうか」とやさしく聞きながら、こんなことを話してくれました。 


「それはな、みんなが坊の話を本当に怖いと思ったんだ。 
 坊の話をきっかけにして、みんなが勝手に怖いものを創っちゃったんだよ。 
 怖い話を作って楽しむのはいいけど、
 それが広まって、よりおそろしく加工されたり、より危険なお話を創られてしまうようになると、 
 いつの日か『それ』を知った、ワシらの目には見えない存在が、
 『それ』の姿に化けて、本当に現れてしまうようになるのかもな。 
 目に見えるものではなく、心のなかにね。   
 『おそれ』はヒトも獣も変わらず持つもの。 
 『おそれ』は見えないものも見えるようにしてしまう。本能だからね。 
 だから恥ずかしくないから、怖いものは強がらずにちゃんと怖がりなさい。
 そして、決して近寄らないようにしなさい。
 そうすれば、本当に酷い目にあうことはないよ」

私は、じぃちゃんも何かそんな体験をしたのかと思って、「じぃちゃんも怖い思いをしたの?」と聞きました。 
すると、予期しなかったじぃちゃんの怖い話が始まったのです。 


「昔じぃちゃんは、坊の知らない、すごく遠くのお山の中の村に住んでいたんだよ。 
 そこで、じぃちゃんの友達と一緒に、お山に肝試しに行ったことがあるんだ。 
 そうだね、じぃちゃんが今でいう、高校生ぐらいのころかな。 
 お地蔵さんがいっぱい並んでいたけど、友達もいるし全然怖くなかった。 
 でも、帰り道にじぃちゃんの友達が、お地蔵さんを端から全部倒し始めたんだ。 
 『全然怖くない、つまらない』って言ってね。
 じぃちゃんはそこで始めて、その場所に居るのが怖くなったよ。なんだか、お地蔵さんに睨まれた気がしてね。 
 友達を置いて、さっさと逃げてきちゃったんだよ。 
 そうしたら、その友達はどうしたと思う?」
「死んじゃったの?」
「ううん、それが、何も起こらないで普通に帰ってきたんだよ。 
 でもじぃちゃんは、もうそれからオバケが怖くなって、友達と肝試しに行くのを一切やめたんだ。 
 その友達は、その後も何度も何度も肝試しといっては、
 ありがたい神社に忍び込んだり、お墓をうろうろしたり、お地蔵さんにイタズラしたり、色々するようになってね。
 周りの人からは呆れられて、相手にされなくなっていったよ。  
 人の気をひくために、『天狗を見た』なんていうようになってしまった。 
 じぃちゃんに、『見てろ、噂を広めてやる』なんて言って笑っていたよ」


「そしてある日、ふっと居なくなったんだ。 
 じぃちゃんもみんなと色々と探したんだよ。 
 そしたら…山の中の高い木のふもとで、友達は死んでた。 
 木の幹には、足掛けに削った跡がてんてんと付いていてね。 
 友達は自分で木に上って、足を滑らせて落ちたんだ。ばかなやつだよ。 

 坊、世の中には、人が入ってはいけない場所っていうのがあるんだ。 
 それは怖い場所だ。
 坊だったら、タンスの上もその場所だよ。 
 落ちるのは怖いだろ。そういうことだよ。 
 じぃちゃんの友達には、怖い場所が見分けられなかったんだ」
「怖いね。ばちがあたったのかな」
「いいや、怖いのはここからさ。 
 友達が死んでから、村の中のひとたちが次々に、『天狗を見た』って言い出したんだ。 
 じぃちゃんは、『あれは友達のでまかせだ』と言ったんだけどね。 
 『友達が天狗の怒りに触れた』『祟りだ』『呪いだ』と、皆は自分達でどんどん不安をあおっていった。 
 夜通しで見張りの火まで焚いたんだ。
 皆が顔をあわせるたびに天狗の話をするので、村の中がじめじめしていた」


「そんな時に限って具合が悪くてね、村の中でケガをするのが4件続いたんだよ。 
 どうってこともない、ねんざまで数に数えられてね。どう見てもあれは、皆おかしくなってた。 
 さらに噂に尾ひれがついて、『天狗に生贄を出さなくては皆殺される』とまで酷い話になっていた。 

 そしてついに、本当に生贄を出そうという話をするようになったんだ。 
 友達が死んだのは、木から足を滑らせて落ちたからなのに、完全に天狗のせいになってた。 
 村の中の皆も、人が入ってはいけないところに踏み入ろうとしていた。 
 それはね、人の命だよ。誰にもそれを奪う権利なんてないだろうに。 
 じぃちゃんはね、天狗よりも、村の中の皆がすごく怖かったんだよ。 
 だからね、じぃちゃんは、その村から逃げてきたんだ…」


じぃちゃんのこの話は、その後もねだって2度程聞かせてもらいましたが、
「絶対に内緒だぞ」と言われ、両親の居るところでは決して話しませんでした。 
でも、今でも私の家には父方の実家はありません。 
「農家の次男のじぃちゃんが、庄屋の娘のばぁちゃんと駆け落ちしてきたからだよ」
と、私の両親からはそう聞いています。 

じぃちゃんが私に、自作の怖い話を聞かせてくれたのかとも思いましたが、多分違います。 
その長い話が終わった時、じぃちゃんは大粒の涙をぼとぼと、私の小さな手の甲に落としたのですから。 

今も思い出して涙腺が緩みました。 
長文を読んでくれてありがとうございました。