『もう見えるぞ。もう見えるぞ。紙と筆をもってこい』
が、臨終の言葉だったうちのじいちゃん。 
未だに親類の語り草になってる。 
俺は直接は聞けなかったけど、想像すると怖すぎる。 

じいちゃんが死んだのは俺が中学2年のときで、
その遺品の整理をばあちゃんがしてるのを俺は手伝いに(邪魔しに)行った。 
古い写真がいっぱい出てきて、最初は面白がって見てたんだけど、気持ちの悪い写真が出てきてだんだん怖くなってきた。
どんなのかというと、白黒の記念写真で30歳くらいのじいちゃんが、観光地(温泉街)の名所をバックにポーズをとってる。
何枚もあるんだけど、よく見るとじいちゃんの立ち位置が写真の中心からずれてる。 
ぱっと見ぜんぜん普通の写真だけど、そのズレだけで気分が悪くなった。 
まるでじいちゃんの隣にだれかもう一人いて、それでどっちかに寄ってるような感じだった。 
見えないけど、これは心霊写真の一種じゃないかと思ってゾッとした。
その写真のことを恐る恐るばあちゃんに聞いてみたけど、
当時ばあちゃんはもう微妙にボケが始まってて、なにかトンチンカンなことを話し出したけどよく覚えていない。 

自分の家に帰ってから、親父にその写真のことを話して、
「じいちゃんは霊感が強かったのか」と聞いたら、変に真面目な顔でこう言われた。 
「バカおまえ、あの写真を撮ったのはばあちゃんだぞ」 
どうやら見えていたのは、ばあちゃんの方だったらしい。