会社の先輩のIさんに聞いた話。 

先輩が大学一年のときに、仲の良いサークル仲間4人で肝試しに行くことになった。 
ちょっと市街地から離れたところにある廃病院。お化けが出るって結構有名なとこだ。 
時間はちょうど夜中0時くらい。車を病院玄関前に止めて、各々懐中電灯を片手に車から降りた。 
窓ガラスは皆割れており、壁にはツタがびっしりと茂っていて、無人になってからかなり経っているのがわかった。
建物の中も落書きやらゴミやらでボロボロなんだけど、 
各部屋に雑誌とか、ベッドとか、カルテとか、いろいろ残ってて結構怖かったらしい。 

わいわい騒ぎながらテキトーに部屋を回って、3階にたどり着いたとき。
当時大学三年だったKさんが、とんでもないことを言い出した。 
「なあ、今からジャンケンして負けたやつが、この階の廊下の端っこまで1人で行くってのどうよ」
遊び好きなメンバーは、喜んでその話にのった。Iさんは内心かなりびびってたらしいけど。 
で、ジャンケンの結果はというと、言いだしっぺのKさんが行くことになった。 
Kさんは霊感ゼロで、そういう類のものの存在を信じてもいなかったような人で、 
「マジ怖ぇー!」とか口では言ってたけど、ためらいもせずに廊下の奥に進んでったらしい。 
そんなに広い病院じゃなかったから、ずんずん歩いて行くと、すぐに廊下の端は見えてきた。 

振り返ると、他の三人の懐中電灯の明かりが揺れているのが見える。 
さて折り返すか、とKさんが明かりに向かって歩き出したとき・・・ 
・・・ギギギ・・・と、ドアが開く音が背中から聞こえてきた。 
心臓がビクンと跳ねる。風の音か何かだろう、と自分に言い聞かせて、Kさんは首だけひねって後ろを見た。 
中から顔を出したのは、50代くらいの警備員の格好をしたおじさんだった。 
「おいおい君、何やってんのこんなとこで・・・」
何だ・・・人間か。ほっとした次の瞬間、Kさんは部屋から出てきたその男の身体を目にして愕然とした。 
男の身体は上半身と下半身が異常にねじれ、腕の関節は通常とは逆に折れ曲がっていた。 
Kさんは声にならない叫び声をあげて、仲間のもとへ走り出した。 

Kさんを待っていた三人は、廊下の端から走ってくるKさんを見て最初は笑っていたが、 
Kさんを、いや、Kさんの後ろのモノを見るやいなや、声をあげて逃げ出した。 
後ろを振り向くと、足を引きずりながら追いかけてくる男が見える。 

ズルッズルッズルッズルッ 
「待って・・・待って~・・・あはははははは・・・」
後ろから聞こえる不気味な足音と笑い声。4人は死ぬ思いで車に戻った。 

「急げ!早く出せ!」
Kさんが震える手でキーを差込み、エンジンをかけたそのとき。 
「覚えたよ~・・・」
声がした方に目を向けると、先ほどの男が窓ガラスにべったりと顔を当てて車内をのぞいていた。 
「うわあああああっ!!」
Kさんはアクセルを思い切り踏み、車は急発進した。 

それからどう走って帰ったかははっきり覚えてないらしいが、結局4人は無事に帰宅することができた。 
しかし、次の日の晩、I先輩の部屋にその男は現れた。 

夜、I先輩はロフトの上で床に就いていたが、なかなか寝付けずにいた。 
すると下のほうから、ギシ、ギシ・・・とロフトを登って来る音がしてきた。 
やばい・・・!
I先輩は目を固く閉じ、身体を強張らせた。『消えてください、お願いします・・・』と心で念じながら。 

音はすぐに止んだが、すぐに姿勢を崩すことが出来ず、数分が経った。 
『消えたのかな?』 
ほっと息をつき目を開けると、あの男の顔が目の前にあった。 
I先輩の上にまたがり、顔の両脇にひじをついてのぞき込むような形だ。 
男はI先輩と目が合うと一言、「・・・違うなぁ~」と言って、消えていった。 
そのままI先輩は気を失った。 


次の日、I先輩は他の3人にその話をした。Kさん以外の2人にも同じことがあったらしい。 
Kさんだけが何事も無かったのだ。
「俺、昨夜は何も無かったけど、昨夜からなんか・・・すげぇ気持ちわりぃ」
たしかにその日のKさんは顔色が悪かった。 

それからKさんは極端に元気が無くなり、あまりI先輩たちの遊びの誘いにものらなくなった。 
しかし、特に何があったわけでもなく、Kさんは卒業していった。 

それから数年後、大学も卒業し、今の会社に入ったI先輩は、当時のことを忘れかけていた。 
肝試しのメンバーの1人から連絡がくるまでは。 
その人によると、Kさんが体調を崩して、ここ一年ほど入院しているらしい。 
I先輩たちは入院先の病院に見舞いに行ったが、Kさんの様子が少しおかしい。 
しきりに何かに怯えている様子で、話をしてもまったく噛み合わないのだ。 
家族の話によると、ここ数ヶ月で、彼の精神年齢がどんどん逆行しているらしい。 
I先輩たちが訪れたときは、ちょうど中学生くらいだったそうだ。 
さらに、「常に何者かの視線を感じている」と話しているとか。 
大学時代の肝試しのことが、I先輩の頭によぎった。 

その数ヵ月後、またI先輩はKさんの見舞いに訪れた。
もうそのときには、Kさんの精神年齢は4、5歳くらいにまで逆行していた。 
Kさんはしきりに、「変なおじいちゃんが笑って見てるの。怖いの、怖いの」と訴えていたそうだ。 

それからさらに数ヶ月後、Kさんが亡くなったという連絡が届いた。 
もう話すことも食事をすることもままならず、点滴生活の末亡くなったらしい。 

I先輩はこの話を俺にしたあと、しみじみと言った。
「Kさん、最期まであのじいさんに見られてたのかなぁ」

・・・この話聞いてから、肝試しなんてできなくなりました。